「タグ: メルセデス・ベンツ」の記事一覧

料理もサウンドも常に追究! たいめいけんシェフが求めるカーオーディオシステムとは

メルセデス・ベンツGクラスをカスタマイズ 調理人は、料理以外にも強い拘りを持っている人が多い。たいめいけんの名物シェフ茂出木さんもそんなひとり。クルマを購入すると、すぐに自分好みの仕様にカスタマイズ。所有するメルセデス・…

続きを読む...

メルセデスがスタイリッシュでラグジュアリーな福祉車両を提案

ヤナセが手がけるメルセデス・ベンツVクラス 福祉車両というと、国産ミニバンをベースにしたクルマを思い浮かべがちだが、はたして輸入車の選択肢はないのだろうか。結論からいえば輸入車にも福祉車両は存在する。ただし、国産のように.…

続きを読む...

ヤナセ、クラシックメルセデスなど展示販売へ「オートモビルカウンシル」

甦る至高のクラシック・ドイツ車を知る 4月5〜7日に千葉県・幕張メッセで「AUTOMOBILECOUNCIL(オートモビルカウンシル)2019」が開催。ヤナセのグループ会社であるヤナセオートシステムズが運営する「ヤナセク...

続きを読む...

ベンツGクラスの車高をさらに12.5cmアップ! 北米のトレンドを薫らせた至高の1台へ

高速域の安定感を確保する足まわりアイテム アメリカ発のカスタマイズ手法は、10年ほど前から大きな流行の波となって日本市場を押し寄せている。今ではすっかりメルセデスユーザーにも浸透、定着しているといっても過言ではないだろう.…

続きを読む...

驚愕!5500万円のロールスロイスなど超高級セダンをカスタマイズ

人気のSUVやミニバンもドレスアップ ロールスロイスといえば世界を代表する超高級車。なかでもファントム・シリーズは5000万円以上のプライスタグが付いたハイエンドモデルだ。そんなロールスロイスを個性的にカスタマイズしたの...

続きを読む...

280万円の「ソニックデザイン」スピーカーが奏でる至高のサウンドを聴ける【大阪オートメッセ2019】

オンリーメルセデスとのコラボブース出展 カーオーディオメーカーの「ソニックデザイン」は、2019年2月9日〜11日に大阪市・インテックス大阪で開催される「大阪オートメッセ2019」に、メルセデス・ベンツ専門誌「オンリーメ...

続きを読む...

アメリカ製鍛造ホイールでメルセデスGクラスのセレブ感をアップ!

繊細な形状と高品質を両立する鍛造ホイール アメリカのセレブの間で流行っているのが、高級車にアメリカ製のパーツを装着するドレスアップだ。 その文化・感覚を日本で展開しているのが香川県の「アビスオートブティック」。メルセデ…

続きを読む...

メルセデス・ベンツ Cクラスが100万円! 中古車購入時に失敗しないポイント4つ

価格以上の高級感を得られる先代Cクラスチョイ古なメルセデスほど万能性の高いクルマはないだろう。どこへ乗って行っても誰とばったり出会っても文句ナシ。なかでもCクラスは、年齢性別問わず乗れるし、取り回しもちょうどいい。ひと世.…

続きを読む...

1 / 3123

ウィークリーランキング

  1. 令和で輝く90年代! 時が経っていい味がでてきたクルマ5選

    中古車相場上昇前に底値で手に入れたい  クルマも女房も若い年式の方がい...

  2. 「松本走りをやめろ」は本当に正しいのか? 道路事情を無視した市長の発言に疑問

    インフラの不整備が無理な右折を発生させる  長野県の松本市...

  3. クルマ好きのオッサンは必ず知ってる「懐かしのアイテム5選」

    40代〜50代にとっては懐かしいはず? いまや見かけなくなった絶滅危惧...

  4. 信号待ちで「ライト消灯」はマナーではなくルール違反

    夜間は常時ヘッドライト点灯! 消しているほうが危険だ 信号待ちの際、...

  5. 大型トラックが追い越し車線をチンタラ走る理由とは

    トラックの速度超過による死亡事故が多発 平成15年より90km/hリミ...

  6. 予算100万円以下! いま乗るべき「90年代のスポーツカー」5選

    中高年、若者にも乗って欲しい「マニュアルミッション」 これから狙い目な...

  7. 9.98万円で買える!110ccベトナム製ホンダバイクの万能な高性能ぶりに驚いた

    小型2輪のAT限定免許でも運転可能  ここで紹介する110ccバイク、...

  8. 50万円以下で買える!走りが楽しいモータースポーツベース車両8選

    ドラテク磨きやモータスポーツ入門にオススメ  スポーツカー市場に冬の時...

  9. 100円からできる愛車リフレッシュ!「ヒューズ」交換で電通改善するメリットとは

    電子部品の作動や調子を左右する  平成以降のガソリン車やディーゼル車は...

  10. 消えたライバル!スズキ・ジムニーだけが生き残れた理由

    悪条件でも走りきれる絶対的な走破性  2018年7月、じつに20年ぶり...