「タグ: メルセデス・ベンツ」の記事一覧

ヤナセ、クラシックメルセデスなど展示販売へ「オートモビルカウンシル」

甦る至高のクラシック・ドイツ車を知る 4月5〜7日に千葉県・幕張メッセで「AUTOMOBILECOUNCIL(オートモビルカウンシル)2019」が開催。ヤナセのグループ会社であるヤナセオートシステムズが運営する「ヤナセク...

続きを読む...

ベンツGクラスの車高をさらに12.5cmアップ! 北米のトレンドを薫らせた至高の1台へ

高速域の安定感を確保する足まわりアイテム アメリカ発のカスタマイズ手法は、10年ほど前から大きな流行の波となって日本市場を押し寄せている。今ではすっかりメルセデスユーザーにも浸透、定着しているといっても過言ではないだろう.…

続きを読む...

驚愕!5500万円のロールスロイスなど超高級セダンをカスタマイズ

人気のSUVやミニバンもドレスアップ ロールスロイスといえば世界を代表する超高級車。なかでもファントム・シリーズは5000万円以上のプライスタグが付いたハイエンドモデルだ。そんなロールスロイスを個性的にカスタマイズしたの...

続きを読む...

280万円の「ソニックデザイン」スピーカーが奏でる至高のサウンドを聴ける【大阪オートメッセ2019】

オンリーメルセデスとのコラボブース出展 カーオーディオメーカーの「ソニックデザイン」は、2019年2月9日〜11日に大阪市・インテックス大阪で開催される「大阪オートメッセ2019」に、メルセデス・ベンツ専門誌「オンリーメ...

続きを読む...

アメリカ製鍛造ホイールでメルセデスGクラスのセレブ感をアップ!

繊細な形状と高品質を両立する鍛造ホイール アメリカのセレブの間で流行っているのが、高級車にアメリカ製のパーツを装着するドレスアップだ。 その文化・感覚を日本で展開しているのが香川県の「アビスオートブティック」。メルセデ…

続きを読む...

メルセデス・ベンツ Cクラスが100万円! 中古車購入時に失敗しないポイント4つ

価格以上の高級感を得られる先代Cクラスチョイ古なメルセデスほど万能性の高いクルマはないだろう。どこへ乗って行っても誰とばったり出会っても文句ナシ。なかでもCクラスは、年齢性別問わず乗れるし、取り回しもちょうどいい。ひと世.…

続きを読む...

AMG43GLE&クーペのフォルムを際立たせるホイールでコーデとは

個性的なクーペフォルムにはあえてシンプルデザインの24インチ大径ホイールでクルマのスタイルアップにアメリカの空気感を巧みに取り入れてカタチにするのが得意とするのが、香川県高松市にある「アビスオートブティック」。今回題材に.…

続きを読む...

名車W124の魅力「コストを徹底的にかけた」と語り継がれるメルセデス・ベンツ

派生モデルの誕生でラインアップも充実、「最善か無か」の哲学で生まれた歴史と進化1886年以来、世界最古の自動車メーカーとして数々の名車を輩出してきたメルセデス・ベンツの名を飛躍的に高めた量産モデルが1985年にデビューし...

続きを読む...

1 / 3123

ウィークリーランキング

  1. 40万円で愛車がキャンピングカーに早変わり!! 車中泊も可能とする「ルーフテント」とは

    カンタン設置で極上の"車上泊"を楽しめる  ルーフテントは、愛車の屋根...

  2. 車中泊はどこでもOK!? 意外な宿泊したらダメな場所とは

    SA・PAでは10時間以上駐車することは禁止 キャンピングカーや車中泊...

  3. プロが教える「車中泊が快適に生まれ変わるアイテム10選」

    キャンプや冬場に大活躍なアイテムも必見! 「車中泊が快適になるものだっ...

  4. 南極観測隊も使用した暖房器具「FFヒーター」で冬場の車中泊が快適に

    エンジン停止中でも使用OK!! 換気不要で後付けもできる  キャンピ...

  5. 実力はスペック以上!280馬力自主規制でパワーダウンを余儀なくされた国産車5選

    日本車だけ設定された上限280馬力の壁  日本のお役所、お役人は、何か...

  6. もはや伝説の名車? たった1代限りで絶滅した国産スポーツカー5選

    中古市場では価格の上がっているモデルも  スポーツカーに限らず、名車と...

  7. 国産長寿モデル4種!モデルチェンジしないで20年超

    昭和に誕生してから平成まで 基本スタイルを変えずに生産 2017年1...

  8. 90年代国産車が海外に流出! 高値で取り引きされるスポーツモデル4選

    北米輸出が加速する「25年ルール」  国外からの中古車の輸入が厳しく制...

  9. 「ATFは2万キロ毎の交換、過走行車はトラブルが多い」はホントなのか

    フルードの選び方もポイントとなる、 ATFに関する疑問のアレコレ い...

  10. 1200馬力の魔改造なフェラーリ! 日産GT-Rエンジン搭載で暴れ馬へと変貌

    高級グランツーリスモが右ハン仕様のドリフトマシンへ  大阪オートメッセ...