「御堀直嗣」の記事一覧

「御堀直嗣」による記事の一覧ページです。AUTO MESSE WEBでは、自動車のカスタムやチューニング、キャンピングカーや福祉車等カーライフを充実させたい皆様への情報が満載です。

トヨタ「RAV4」に負けないSUVだったホンダ「CR-V」は、クリエイティブムーバー第2段として登場!

クリエイティブ・ムーバー第2段として登場した 1990年代の初頭、倒産の危機さえ伝えられたホンダを救ったのは、クリエイティブ・ムーバー=生活創造車と呼ばれる新企画による一連の車種群だった。 筆頭は、ミニバンのオデッセイで...

続きを読む...

ハイトワゴンブームはスズキ「ワゴンR」から始まった! 6年で100万台も売れた理由とは

背の高い軽自動車の魅力を最初に生み出した 日本特有の車両規格である軽自動車は、人々の移動手段として暮らしを支えているが、歴史のなかで何度か苦難を味わっている。 ひとつは、それまで16歳から運転できた軽四輪免許が1968年...

続きを読む...

ホンダ「S2000」のレーシングスペックのエンジンに感激! ホンダらしさ全開のオープン2シーターを振り返ろう

スポーツカーであっても環境性能を大切にしていたホンダらしい1台 ホンダS2000は、1999年に発売されたホンダとして29年振りのフロントエンジン・リヤドライブ(FR)のオープン・スポーツカーだ。29年前のホンダのFR車...

続きを読む...

日本が誇る高級サルーン! トヨタ「クラウン」を抜いた日産「セドリック・グロリア」を振り返ろう

いまなおファンが多い1台 日産セドリックは、1960年(昭和35年)に誕生した。私事ではあるが、5歳になったクルマ好きの私にとって、初代セドリックは忘れがたい一台である。上下にふたつヘッドライトを並べた4灯の顔つきが独特...

続きを読む...

ホンダ「レジェンド」は「セルシオ」や「Q45」よりも先んじていた! ホンダ初の3ナンバー仕様を持つ新しいフラッグシップカーとは

36年の歴史に幕を閉じたレジェンド 初代ホンダ・レジェンドは、1985年に誕生した。米国市場では、新しい販売店網となるアキュラの専用車種として位置づけられている。 トヨタから「セルシオ」、日産からインフィニティ「Q45」...

続きを読む...

目指したのはベンツ「190」だった!? トヨタ「プログレ」は「セルシオ」風の「小さな高級車」でした

トヨタの小さな高級車というにふさわしい仕立てだった トヨタ「プログレ」は、バブル経済真っ盛りの1998年に誕生した。車体寸法は5ナンバー枠に収めながら、直列6気筒エンジンの排気量が2.5Lと3Lであったため、そこに贅沢さ...

続きを読む...

トヨタ「グランビア」は「アルファード」の布石だった! 走りも素晴らしかったトヨタ最上級のミニバンとは

ワンボックス車の新たな価値を摸索することに挑戦 トヨタ「グランビア」は、1995年から2002年まで1代限りで生産を終えたワンボックス車だ。トヨタには、ハイエースという歴史あるワンボックス車があったが、1994年にはホン...

続きを読む...

日本初のミニバンは「オデッセイ」? 「RV」と「SUV」の違いは? 意外と知らないミニバン文化の歴史とは

日本ではオデッセイがミニバンとしてデビュー 日本でミニバンというクルマが意識されたのは、1994年にホンダ・オデッセイが発売されてからだ。 ミニバンの発祥は米国だ。商用として荷物を積んだり多人数乗車できるバンがまずあり、...

続きを読む...

1 / 2512345...»