クルマを文化する
REAL CAR CULTURE

AUTO MESSE WEB

クルマを文化する
REAL CAR CULTURE

AUTO MESSE WEB(オートメッセウェブ)

  • 遠藤正賢
  • 遠藤正賢
著者一覧 >

三菱「デリカミニ」の全部見せます! アウトドア強めの個性派カスタムモデルが超絶カッコイイ!【東京オートサロン2023】

話題のチューニングカーやカスタムカーが集結するイベントとして、毎年1月の恒例イベントとなっているのが東京オートサロンだ。2023年は1月13日〜15日の3日間開催される。三菱自動車のブースには、話題のニューモデル「デリカミニ」が登場した。個性派モデルを紹介しよう。

「今年をEV元年にしたい」! 開発のキーマンが語る三菱eKクロスEVの狙いとは

三菱自動車はeKクロスシリーズへ、新たにEVモデルを設定した。日常使いに十分な一充電走行距離は180kmを実現している。そこで今回は、商品企画を指揮した商品戦略本部の藤井康輔チーフ・プロダクト・スペシャリスト(CPS)に車両の魅力などを伺った。

実質184万8000円から購入可能! 三菱「新型eKクロス EV」を発表

三菱自動車はeKクロスシリーズに新たにEVモデルを設定した。日常使いに十分な一充電走行距離は180kmを実現している。また、運転に慣れていない人でも駐車支援機能「マイパイロットパーキング」を初採用し、運転支援機能も充実している。詳細をお伝えしていこう。
実車とラジコンのイメージカット

幻のコンセプトカーがラジコンに! ホンダアクセスと京商がコラボし「ネオクラシックレーサー」を商品化

ホンダアクセスがS660をベースに仕立てた、ネオクラシックレーサーというコンセプトカーがある。残念ながら市販化されることはなかったが、ぜひ走っている姿を見てほしいということで、京商のラジコン「ミニッツ」とコラボ。事前予約で完売となった、注目のアイテムを紹介しよう。

ドリキン土屋圭市に目隠しテストまで実施! ホンダアクセス渾身のS660用純正アクセサリー&モデューロX誕生秘話

ホンダ車の純正アクセサリーを手掛ける、ホンダアクセス。最近ではコンプリートカーであるモデューロXも開発するなど、注目を集めている。先日生産終了となった軽スポーツカー「S660」にも、こだわりの用品やモデューロXが用意された。開発陣に当時の苦労話などを伺った。
モデューロXのエンブレムイメージ

ドリキン謹製の1台! ホンダ車の潜在能力を目一杯引き出した「モデューロX」とは

自動車メーカーがベース車に手を加え、走る楽しさを追求しているのがワークスコンプリートカー。トヨタはGRシリーズ、日産はニスモを展開し、ホンダはモデューロXを用意している。このモデューロXは、ライバル2ブランドは少し趣が違う。その魅力に迫る。
ランサーエボリューションワゴンMR(走り)

短命がゆえに伝説化! セダンの「ランエボ」に比肩する「ランエボワゴン」は三菱の本気が詰まっていた

2005年に登場したランサーエボリューションワゴン。その誕生はセンセーショナルでセダンにもヒケを取らない過激なエクステリアと運動性能を兼ね備えていた。セダンに対し不利なボディ剛性は大幅な補強で対策。ワゴンだからと舐めたらカモられる性能を持っていた。

ホイールで本当に「乗り味」が変わるのか?「フィット e:HEV ModuloX」でModulo X専用ホイールとリュクス用純正ホイールをガチで乗り比べてみた

ホンダの純正用品を取り扱うホンダアクセス。同社のコンプリートカーブランド「Modulo X」シリーズ最新作がフィットModulo Xだ。今回、フィットModulo Xの専用アルミホイールとベースモデルのフィット・リュクス純正ホイールを乗り比べてみた
share:


 

 

 

RECOMMEND

MEDIA CONTENTS

WEB CONTENTS


 

 

 

人気記事ランキング

MEDIA CONTENTS

WEB CONTENTS