クルマを文化する
REAL CAR CULTURE

AUTO MESSE WEB

クルマを文化する
REAL CAR CULTURE

AUTO MESSE WEB(オートメッセウェブ)

  • TOP
  • CUSTOM
  • 三菱「デリカミニ」の全部見せます! アウトドア強めの個性派カスタムモデルが超絶カッコイイ!【東京オートサロン2023】
CUSTOM
share:

三菱「デリカミニ」の全部見せます! アウトドア強めの個性派カスタムモデルが超絶カッコイイ!【東京オートサロン2023】

投稿日:

TEXT: 遠藤正賢  PHOTO: 堤 晋一

  • デリカミニスノーサバイバー
  • デリカミニのコールマン
  • デリカミニ
  • デリカミニとデリカD:5

待望の弟分がついに披露された!

 2023年1月13日より15日までの3日間、千葉県・幕張メッセで開催されているカスタムカーの祭典「東京オートサロン2023」。

 西ホール1にブースを構える三菱自動車は、2023年5月発売予定のスーパーハイト軽ワゴン「デリカミニ」とそのカスタムカー計3台のほか、デリカD:5やアウトランダー、エクリプス クロス、eKクロスEV、ミニキャブ ミーブといった現行ラインアップのカスタムカー、総計9台を一斉に披露した。

しっかりとデリカらしさを反映した内外装や運動性能

 なかでも要注目なのはやはり、今回のオートサロンが初の実車一般公開の場となるデリカミニだろう。

デリカミニ

 側面とリヤまわりにこそeKクロススペースの面影を色濃く残すものの、ボディ下部にはスキッドプレート調の処理が施される(サイドアンダーデカールはオプション)とともに、ホイールアーチのブラックアウト部が拡大。テールゲートガーニッシュには立体的な「DELICA MINI」ロゴが与えられることで、デリカシリーズらしいタフさが与えられている。

 そしてフロントまわりはヘッドライト、バンパー、グリルなどのデザインは三菱車共通の「ダイナミックシールド」を受け継ぎながら、半円形のLEDポジションランプを内蔵して、軽自動車らしい親しみやすさもプラスしている。

 インテリアも基本設計は共通ながら、ブラックを基調としたドット柄の撥水シート表皮で、やはりタフなイメージを強調。樹脂仕様のラゲッジボードとPVC仕様の後席シートバックは、eKクロススペースと同様に設定される。

 4WD車はさらに、サスペンションのセッティング変更とタイヤサイズの拡大により、eKクロススペースに対し最低地上高が10mmアップ。悪路走破性も高められているため、アウトドアレジャーでの使い勝手は良さそうだ。

個性的なカスタム仕様は市販化を期待したい完成度

 そんなデリカミニをベースとしたカスタムカーは、アウトドア用品ブランド・コールマンとのコラボモデル「デリカミニ×(ミーツ)コールマン」と、雪道を力強く駆け抜けるデリカシリーズのイメージを体現した「スノーサバイバー」の2台だ。

「デリカミニ×コールマン」は、ランタンロゴマークあしらったグレージュの専用ボディカラーを採用。そのほか、三菱純正用品として設定されるグロスブラックのダイナミックシールド/フロントグリルガーニッシュ/テールゲートガーニッシュ、ホワイトの前後エンブレム、ルーフレールを装着している。

デリカミニのコールマン

 足元にはマッドフラップや、ホワイトレター入りのトーヨー・オープンカントリーR/T(165/60R15)に加え、純正形状ながらリム部をグレージュとした専用グロスブラック塗装のアルミホイールをセット。デリカミニならではの親しみやすさと力強さがより一層強調された装いとなっている。

 なお、「デリカミニ×コールマン」専用のグレージュは、デリカミニの発売時には有料色として設定される「ナチュラルアイボリーメタリック」とは似て非なるもの。グロスブラックの加飾アイテムと相まって、暖かく柔らかな雰囲気のレトロテイストも感じられるため、ぜひ市販車にも設定してほしいと願わずにはいられなかった。

 インテリアには、助手席側の「D」のロゴが目を引く三菱純正用品のオールウェザーマットやオリジナル9型ナビゲーションのほか、アイズのウィンドーバグネット、クラフトアオイの檜製シングルベッドキット、IPFのサイドストレージパネルを装着。車中泊仕様としても使えるのも見逃せないポイントだ。

12

 

 

 

 

 

 

RECOMMEND

MEDIA CONTENTS

WEB CONTENTS

 

 

 

 

 

 

人気記事ランキング

MEDIA CONTENTS

WEB CONTENTS

AMW SPECIAL CONTENTS