次期「クラウン」にマットブラックを施した「TRD」エアロ仕様【東京オートサロン2018】

次期「クラウン」にマットブラックを施した「TRD」エアロ仕様【東京オートサロン2018】

高級感とスポーティさを両立するコンセプトは
トヨタ版のレクサスFスポーツ!?

1月12日〜14日に千葉県・幕張メッセで開催された「東京オートサロン2018」。そのトヨタ・ブースで一際注目を浴びていたのが、TRD(トヨタテクノクラフト)が製作した「クラウン・コンセプト」のカスタマイズ仕様だ。

2017年10月開催の「東京モーターショー」で初公開された「クラウン・コンセプト」は、2018年夏頃に発売が予定されている新型「クラウン」のベースと予想されるモデル。

トヨタの次世代プラットフォームTNGA(トヨタ・ニュー・グローバル・アーキテクチャー)を投入し、走行安定性やハンドリング性能を一新。ドイツのニュルブルクリンクで走行テストも行い(写真下がテスト車両)、従来からの快適性に加え、“意のままに操れる”走りにも期待が集まっているモデルなのだ。

今回のショーでTRDは、その“走り”の部分をさらに強調したようなカスタムを敢行。まず目を引くのが、マットブラックでフルラッピングされたボディ。

それに、フロントスポイラーやリアスポイラー、サイドスカートにトランクスポイラーなどを装着する。

特に、センターピースと左右スパッツの3分割構造となったフロントスポイラーのデザインは秀逸。シルバーペイントが施されたセンターピースは、マットブラックのボディに程よいアクセントを加味している。クラウンらしい高級感も活かされる。

ブラック塗装された左右スパッツにはメッキモールも採用することで、対向車のドライバーが見た時にきらりと光る存在感もアピール。

また、20インチのホイールも「クラウン・コンセプト」用に製作したワンオフもの。鍛造1ピース製法により軽量・高剛性を実現、ツイン10スポークのデザインなどでラグジュアリー感とレーシーな雰囲気を両立している。

 

これは、まさにレクサスに設定されているスポーティバージョン「Fスポーツ」の「クラウン」版だと言えるほどの出来映え。「クラウン」といえば、トヨタを代表する高級セダンだが、そのイメージをいい意味で覆したようなスパルタンな雰囲気が満点であり、若い世代にも注目されそうだ。

TRDでは、次期「クラウン」が「クラウン コンセプト」と同じか、限りなく近い仕様で発売されれば、これらパーツのリリースは「あり得る」と言及している。さて、どうなるか? 夏まで待てない!


画像ギャラリー