シニアカーとしてゴルフカートが活躍!北米の高齢者対策のワケ

シニアカーとしてゴルフカートが活躍!北米の高齢者対策のワケ

55歳以上しか住めない街の高齢者対策

 アメリカはフロリダ州にあるサン・シティ・センターという街には、高齢化が進む日本の将来にも大いに役立ちそうな「カート」を使ったモビリティが整備されている。

 もちろんカートといってもレーシングカートでも、ショッピングカートでもない。ゴルフをしない人には縁がないだろうが、ゴルフカートが日常の移動手段として活躍しているのだ。

 筆者がアメリカのフロリダ州に住む知人を訪ねたときのこと。近くのスーパーマーケットに買い物へ行こうという話になり、てっきり彼女の愛車で移動するのかと思いきや、ガレージから出てきたのは何とゴルフカート。日本でも見たことはあるし、交通ルールの違いだってあるだろうけど、いくら何でも公道を走ることは合法なのか。そんな疑問を持っていると、彼女は「ほら早く乗って」とサイドシートを指差し、戸惑いながらも座るとまったく躊躇せずに走り出した。シニアカー

 落ち着いたところで周囲を見渡すと、走っているゴルフカートは自分たちだけじゃない。いったいこの街はどうなってるの、と彼女に疑問をぶつけてみた。

 すると「このエリアは55歳より上の人しか住めない高齢者の街。だからゴルフカートで公道を走っても大丈夫なのよ」とのことだ。

シニアカー なるほど、確かにスピードも出なけりゃ操作もカンタン、近所の移動や買い物くらいなら必要にして十分かも。とはいえ、普通のクルマも走ってるんだし危険である。

 そんな疑問はメインストリートへ繰り出してすぐに雲散霧消。このサン・シティ・センターという街が高齢者に優しいことはよく知られており、もしかすると違反に対し罰則があるのかもしれないが、交差点でも直線での追い越しでも、とにかく一般車のマナーがいいのだ。ゴルフカートも交通の流れを妨げないよう気を配り、ヒヤッとする場面どころかクラクションすら一度も聞かずじまいだった。シニアカー

 スーパーマーケットに到着すると、駐車場にはゴルフカート専用のスペースも整備済み。停まっている数もハンパじゃなく、この街でゴルフカートがいかに市民の足となっているかを実感した。また、帰り道で道路標識を注意してチェックすると、ゴルフカートに向けたモノがいくつもある。シニアカー

 すべての州が同じかは知らないが、アメリカもゴルフカートで公道を走るのはNGなはず。それがココじゃ自動車やバイクと同じように走っているなんて、クルマ好きなら興味が湧かないワケがない。


画像ギャラリー