名車「R34型 日産スカイラインGT-R」のモバイルバッテリーが令和元年5月に再入荷

名車「R34型 日産スカイラインGT-R」のモバイルバッテリーが令和元年5月に再入荷

細部まで再現されたNISMO Z-tune

 ユニークなモバイルバッテリーやUSBメモリーなどを販売する「CAMSHOP.JP(運営:フェイス)」は、自動車型モバイルバッテリー「日産スカイラインGT-R R34 NISMO Z-tune」が5月に再入荷することを発表した。

 スカイラインGT-Rといえば、言わずもがな日本が世界に誇る名車。とくに第2世代のGT-Rは熱狂的なファンが多く、中古車市場でも高騰するなど、クルマをモチーフにしたグッズも人気となっている。事実、自動車型モバイルバッテリー「日産スカイラインGT-R R34 NISMO Z-tune」は、先行発売した東京オートサロン2019では200個が即完売。その後1月に正式発売されたが、瞬く間に品切れとなっていた。

 R34GT-R、しかもNISMO Z-tuneというモチーフもさることながら、細部のディテールまでじつに精巧に再現され、その完成度にはクルマ好きならずとも驚くほどだ。

日産 R34スカイラインGT-Rのモバイルバッテリー

 ディテールや機能は、過去記事でも紹介している通り、ヘッドライトが点灯して充電中を表示し、電池がなくなりそうになるとリヤライトが点灯してハザードのように知らせるというギミックは健在。フロントグリルには実車と同じように「NISMO」のロゴがあしらわれ、サイドエンブレムやZ-tune専用ホイール「LM GT4 GT500」も見事に再現されている。

日産 R34スカイラインGT-Rのモバイルバッテリー

 なお、持ち運びに重宝する専用ポーチが付属。GT-Rのロゴが印字され、精密に作り込まれたボディにキズが付くのを防げるというわけだ。価格は据え置きで6480円(税込み)。GT-Rオーナーはもちろん、R34に憧れを抱く人にとっても珠玉の逸品を、再入荷したこの機会にぜひ手に入れてみてはいかがだろう。


画像ギャラリー