初代ロードスター用へ「ミスター ル・マン」が手がけたブレーキパーツ

初代ロードスター用へ「ミスター ル・マン」が手がけたブレーキパーツ

スポーツタイプのパッド&ローター設定

 現役最多29回の出場歴から“ミスター ル・マン”と呼ばれる寺田陽次郎が代表を務める「オートエクゼ」から、初代ロードスター(NA6CE)用のブレーキパーツがリリースされた。今年30周年を迎えるロードスターは、マツダ自らがレストア・プログラムを開始して注目を集めたことが記憶に新しい。元気一杯に走り続けるためのアイテム設定はファンも大歓迎だろう。

 オートエクゼは、絶版スポーツカーを対象としたアップデートプログラムの一環として、初代ロードスター(NA6CE)用のブレーキパーツ2品目を新設定。全国のマツダ販売店やカー用品店などを通じて発売を開始した。

「ストリートスポーツブレーキパッド」は、摩擦係数(μ)の過渡特性を見極めたノンアスベスト製。連続したブレーキング時の安定した効きと、コーナリングでの繊細な荷重移動や車速の自在なコントロールを重視した仕様となっている。フロント用が15,000円(税別、以下同)、リヤ用が13,000円。

オートエクゼの初代NA6CEロードスター用パーツ

 次に「ストリートブレーキローター」は、1ピース構造の量産形状品。熱による歪みを抑制するため、素材に熱処理加工を施し、金属結合組織を安定させている。また、片側6本仕様のクリーニングスリットにより、パッド発熱時のフェードガスの除去や、表面の炭化防止効果を向上。フロント用が36,000円、リヤ用が35,000円。

オートエクゼの初代NA6CEロードスター用パーツ

 以上のトータルチューニングにより、単に止まるだけではない、「感性にシンクロする効き味」を実現。リフレッシュユースにも最適だとしている。なお、排気量が1.8リッターの後期型(NA8C)用は設定済み。


画像ギャラリー