ポルシェ新型カイエン/カイエンクーペの最速モデル「ハイブリッド」予約受注開始

ポルシェ新型カイエン/カイエンクーペの最速モデル「ハイブリッド」予約受注開始

システム出力680馬力の駿足SUV

 ポルシェジャパンは、カイエンシリーズのトップエンドモデル、「新型カイエンターボSEハイブリッド」と「新型カイエンターボSEハイブリッドクーペ」、「カイエンEハイブリッドクーペ」の予約受注を日本全国のポルシェ正規販売店にて開始した。

【関連記事】HREタンドラ、ついに今季初優勝【2021NASCARトラックシリーズ第14戦】

画像はこちら

 最もパワフルなポルシェ 「カイエン」のプラグインハイブリッド。パナメーラシリーズに続いて、カイエンシリーズにおいてもトップエンドとなるプラグインハイブリッドモデルのカイエンターボSEハイブリッドとカイエンターボSEハイブリッドクーペは4リッターV8エンジン(404kW/550PS)と電気モーター(100kW/136PS)のインテリジェントな相互作用によって発生する500kW(680PS)のシステム出力は、8速ティプトロニックSトランスミッションによって統合。アイドル回転数をわずかに超えた回転域から900N・mの最大システムトルクを利用する。画像はこちら

 0-100km/hまでを3.8秒で加速し、最高速度は295km/h。比類のない性能は、高水準の効率性も実現し、カイエンターボSE-ハイブリッドとカイエンターボSEハイブリッドクーペは、ゼロエミッションで最大40kmまで走行可能になっている。画像はこちら

 カイエンターボSEハイブリッドモデルは、V8エンジンと8速ティプトロニックSトランスミッションの間に電気モーターを配置。2つのモーターがエレクトリッククラッチアクチュエータと呼ばれるハイブリッドモジュール内の分離クラッチを介して相互接続される。画像はこちら

 他にもポルシェダイナミックシャシーコントロールシステム(PDCC)電気機械式ロール抑制システム、ポルシェセラミックコンポジットブレーキ(PCCB)高性能ブレーキシステム、21インチ軽合金製ホイールなどにくわえ、スポーツクロノパッケージと充実の内容。オプションで22インチホイールやリアアクスルステアリングも装備できるようになっている。画像はこちら

 カイエンEハイブリッドクーペは、3リッターV6ターボエンジンに電気モーターの組み合わせでシステム出力は340kW(462PS)で、システムトルクは700N・m。標準装備のスポーツクロノパッケージとの組み合わせで、静止状態から100km/hまでを5.1秒(ライトウエイトスポーツパッケージは5.0秒)で加速し、最高速度は253km/hを実現する。純粋な電気駆動のみによる航続距離は最大43km。画像はこちら

新型カイエンターボの価格は、SEハイブリッドが2327万円、SEハイブリッドクーペは2376万円、Eハイブリッドクーペは1276万円。すべて消費税込み(8%)。右ハンドルのみでトランスミッションは8速ティプロトニックSとなる。

 

 

【詳しくはこちら】

※ポルシェカスタマーケアセンター 0120-846-911 / HP http://www.porsche.com/japan/

画像ギャラリー