高級車ベントレーの象徴「フライングB」 創業100周年を記念に新マスコット披露

高級車ベントレーの象徴「フライングB」  創業100周年を記念に新マスコット披露

新型フライングスパーで光り・輝く

 超ラグジュアリーで、クラフトマンシップに溢れる英国車といえばベントレーだが、そんな同車の象徴である「フライングB」マスコットが変貌を遂げた。ベントレー創業100周年を祝い、次の100年を見据えてデザインが見直された新生フライングBがフライングスパーを飾る。

ベントレー・フライングスパーに新登場のフライングBマスコット

 ベントレーのマスコット「フライングB」は、古くから世界中で卓越した高級車の象徴と見なされてきた。そんなフライングBがデザインを刷新し、4ドアグランドツアラーの新型フライングスパーに採用されたのである。

ベントレー・フライングスパーに新登場のフライングBマスコット

 直立するフライングBは、今から約90年前となる1930年式の8リッターモデルに初採用。当時、マスコットは標準装備ではなく、大金を投じて装着できるオプションという扱いだった。

ベントレー・フライングスパーに新登場のフライングBマスコット

 オリジナルのマスコットは、ちょうど100年前の1919年、ベントレー・モーターズが設立された際に、フラットなウイングBバッジを補完するものとして創業者W.O.ベントレー自身が委託したという経緯がある。

ベントレー・フライングスパーに新登場のフライングBマスコット

 オリジナルのフライングBはチャールズ・サイクスがデザインしたもので、クルマのどちら側からも同じように見えるウイング付きの”B”だった。最終的にほとんどのモデルで標準装備されることになったが、多くのベントレーはオーナー自身が作成した独自のマスコットを装着していた。

ベントレー・フライングスパーに新登場のフライングBマスコット

 新型フライングスパーに採用されたフライングBは、なんと電子制御の照明付き。ドライバーが車に近づくと一連のウェルカム照明が作動し、キーレスエントリーシステムが連動する仕組みが設けられている。横切るように照明が輝き、さらにマスコットを通ってボンネット中央の峰に沿って光を放ちながらキャビンへと導いてくれるのだ。

 新しいフライングBが奢られたフライングスパーは、スポーツセダンの俊敏性と、現代のリムジンにふさわしい洗練性を兼ね備えたモデル。世界でもっとも進歩したグランドツアラーは、手作業により綿密に製造され、上品さと細部へのこだわりが随所に垣間見られる。心臓部には、ベントレーが誇る6LツインターボチャージドW12エンジンの強化バージョンが搭載されるのだ。

ベントレー・フライングスパーに新登場のフライングBマスコット

  2019年7月10日にベントレーは創業100年目を迎えた。偉業が成し遂げられたのは世界でもわずか数社のみであり、ベントレーでは1年間に渡って100周年を記念した特別イベントを催すという。

 100年という長い時間をかけて革新してきたベントレーの偉業を紹介することで、同ブランドが世界的な成功を収めたこと、そして将来のエキサイティングな未来を浮き彫りする。


画像ギャラリー