JEEPラングラー限定車「Altitude」を初設定! 標準モデルも年次改良を施す

JEEPラングラー限定車「Altitude」を初設定! 標準モデルも年次改良を施す

安全運転支援システムを全グレードに標準化

 FCAジャパンは、Jeepの本格オフローダー「Wrangler(ラングラー)」のグレードごとに仕様・装備を見直し、それぞれ商品力を向上する仕様変更を行った。さらに、内外装をスタイリッシュにした210台の限定車「Wrangler Unlimited Altitude(アンリミテッド・アルティテュード)」を設定し、2019年11月23日(土)より販売する。

【関連記事】「冬キャン」がもっと楽しくなる! 初心者が意外と知らない「キャンプ向けストーブ」のウンチク

JEEPラングラーに限定車「Altitude」を初設定画像はこちら

 これまでジープの他モデルで好評だった「Altitude」が、現行ラングラーとしては初めて限定車として設定された。限定車の”Unlimited Altitude”は、グロスブラックをアクセントカラーに用いたフロントグリルとヘッドライトベゼル、18インチアルミホイールで精悍なイメージを演出。JEEPラングラーに限定車「Altitude」を初設定画像はこちら

 インテリアは、グロスブラックのダッシュボードベゼルや、Mopar製のハードトップヘッドライナーを採用し、高級感を演出した。JEEPラングラーに限定車「Altitude」を初設定画像はこちら

 さらにブラックのレザーシートにはダークグレーのステッチを随所にあしらったほか、Mopar製ハードトップヘッドライナーは夏には断熱効果、冬には保温効果を発揮し、車内の快適性をアップしている。JEEPラングラーに限定車「Altitude」を初設定画像はこちら

 「Unlimited Altitude」のボディカラーと限定台数は、ブライトホワイトC/Cが90台、グラナイトクリスタルメタリックC/C(内装色はいずれもブラック)は120台。価格は599万円(消費税10%含む)となっている。

 また、2018年10月に現行JL型ジープ・ラングラーがデビューしたが、高い基準のオフロード性能や、大幅に向上した居住性と快適性が支持を集める。今回、ラインアップしている「Sport(2ドア)」、「Unlimited Sport(4ドア)」、「Unlimited Sahara(4ドア)」、「Unlimited Rubicon(4ドア)」の4グレード/7仕様において、モデルごとに仕様の見直しも行われた。

「Sport」ならびに「Unlimited Sport」は、新たにクラッシュミティゲーション(衝突被害軽減ブレーキ)付きの前面衝突警報と、アダプティブクルーズコントロール(STOP機能付)を標準装備化。JEEPラングラーに限定車「Altitude」を初設定画像はこちら

「Unlimited Sport」は、エンジンが2リッター直列4気筒ターボ(272ps)から3.6リッターV6(284ps)へと変更され、限定車で好評だったボディカラー、ヘラヤライエローC/Cが新たにカタログモデルとして設定された。

「Unlimited Sahara」は、エンジンが2リッター直列4気筒ターボと3.6リッターV6の2種類から選べるようになったほか、レザーシートを標準装備。なお、ファブリックシート仕様(受注生産)も用意している。

「Unlimited Rubicon」には、ボディカラーにヘラヤライエローC/Cを追加し、従来パンプキンオレンジまたはシルバーだったダッシュボードベゼルの色は、全モデルでレッドへと変更された。

JEEPラングラーに限定車「Altitude」を初設定画像はこちら

画像ギャラリー