自動車カスタマイズ誌の編集長が語る「Weds3大ブランドのホイールが抱える強み」 (1/3ページ)

自動車カスタマイズ誌の編集長が語る「Weds3大ブランドのホイールが抱える強み」

TPOにあわせた三者三様の絶品スパイス

 東京オートサロンでは新作ホイールを一挙に披露し、先立っての大阪オートメッセにおいては名作「バズレイア」の進化版や、全身ゴールドの「シンティル」といったコンセプトモデルを公開。さらに「ノヴァリス」という新ブランドの立ち上げなど、2020年はさらに勢いを増した感のあるウェッズ。その格別なオーラはこれまで紹介してきた新作を見る限り、もはや言うまでもないだろう。

 とはいえ、本当の意味での”魅力”は、ホイールだけを見る限り伝わらないのも正直なところだ。そこで、「ホイールやカスタムを知り尽くすプロの目には、どう映っているのか」をテーマに自動車カスタマイズ誌の編集長にインタビュー。ウェッズの3大ブランド「クレンツェ」「マーベリック」「レオニス」の強みや魅力について聞いてみた。

「高級車にふさわしい問答無用の存在感がある」

【クレンツェ】

「すばり、クレンツェ最大の魅力はプレミアム性でしょう。国産高級セダンの専門誌を長年手掛けていますが、クレンツェ以上に高級感を感じるホイールを見たことがない」と語るのは、VIPSTYLE編集長の田中 覚さん。オススメのホイールであるウェッズのマーベリック、クレンツェ、レオニスの魅力

 高級車オーナーがホイールを選ぶ際、最も重要視するのが「自分の愛車に相応しい高級感があるのか」だそうだ。例えば、レクサスLSやLC、トヨタ・クラウン、日産フーガといった国産ハイエンドカー。それらのクルマに履かせてもベース車の高級感を損なわず、さらに持ち味である”質”を高めることができるのか、ということ。クレンツェには、そんな説得力があるという。オススメのホイールであるウェッズのマーベリック、クレンツェ、レオニスの魅力

「クレンツェは長い歴史を持つ3ピース専門ブランドで、特に高級車オーナーはそこも見ていますね。ブランド力の高さや知名度は重要であり、満たないメーカーのホイールには興味を示さず、伝統を積み上げてきたホイールに惹かれる傾向が強い。しかし、ただ長い伝統があればいいというわけではなく、そこにブランドとしての強いポリシーがなければオーナーたちは振り向かないと思います」と田中さんは語る。オススメのホイールであるウェッズのマーベリック、クレンツェ、レオニスの魅力

 その点でいえば、クレンツェには強烈なポリシーがある。それは、真の意味で「独自性」という表現がピッタリとハマる。ブランド誕生から今まで一度も、流行を追いかけたことがない。常に己の道を貫いてきた、唯一無二の存在だという。”クレンツェは人との違いを出したい”、そんな人たちから大きな信頼を勝ち取っている。いわば、孤高のブランドなのだ。オススメのホイールであるウェッズのマーベリック、クレンツェ、レオニスの魅力

「細かい話でいうと、”3次元の立体造型”や”SBCポリッシュの美しさ”もクレンツェの代名詞。例えば、新作の『シンティル』ではダイヤカットをイメージさせる造形に挑んでいます。ディスク中央部だけでなく、ピアス周りにまで。こうした唯一無二の造型は、もはやホイールのそれではなく、工芸品レベルという特別感も他にはない魅力なのでしょう」と田中さん。オススメのホイールであるウェッズのマーベリック、クレンツェ、レオニスの魅力 クレンツェの各モデルには様々な色が用意されているが、なかでも田中さんが最も美しいというカラーはうっすらと黒が浮かび上がる”SBCポリッシュ”。立体的な造型とSBCポリッシュならではの陰影が融合すると、高級感は格別で、かつ重厚感や威圧感さえも漂ってくるオススメの設定色のひとつだという。オススメのホイールであるウェッズのマーベリック、クレンツェ、レオニスの魅力

 最後に、「クレンツェの魅力を語るうえで外せないポイントとして挙げたのがサイズです」という。造形やカラーがもたらす圧倒的な高級感については理解できたが、なぜそう思うのだろうか。 

「クレンツェには12.5Jや13Jといった、他ブランドではあまり見掛けないような極太サイズも用意しています。限られた人の話になりますが、流行のオーバーフェンダー化を目論む人にとってクレンツェが履けることは嬉しい限りでしょうね。また、3ピース構造の利点を生かし、インセットを豊富に設定しているのも美点。つまり、愛車に合わせてリム幅やインセットを選択できるのも、多くのユーザーから感謝されている点だと思いますね」オススメのホイールであるウェッズのマーベリック、クレンツェ、レオニスの魅力

 クレンツェの魅力はデザイン性の高さは言うまでもなく、圧倒的な高級感、強烈な独自性、細かなサイズラインアップなど、挙げ出したら切りがないようだ。ターゲットは国産高級セダンに止まらず、ミニバンやSUV、果てはメルセデス・ベンツ、アウディ、BMWといった輸入車など多岐にわたる。近年は美しいデザインをモノブロック(1ピース構造)に落とし込んだ”EVOシリーズ”も展開しており、大型ミニバンやSUVでクレンツェの恩恵を受けることが可能だ。オススメのホイールであるウェッズのマーベリック、クレンツェ、レオニスの魅力

「ドレスアップ上級者だけでなく、ホイール1点主義のライトなユーザーにもオススメ。圧倒的な違いは、クレンツェを履いたものでしか分からないと思います。実際、私が数多くの装着車両とオーナーを目の当たりにしているので」と田中さんは締めくくってくれた。

クレンツェ・ラインアップ
https://www.weds.co.jp/kranze/index.html

画像ギャラリー