舞台はSUGOからオートポリスへ! タイヤ開発競争の行方やいかに?【TOYOTA GAZOO Racing 86/BRZ Race 2020】

舞台はSUGOからオートポリスへ! タイヤ開発競争の行方やいかに?【TOYOTA GAZOO Racing 86/BRZ Race 2020】

コロナの影響でコンパクトに開催する 第6戦オートポリスの見所とは

 開幕戦となった第5戦SUGOに続いて、TOYOTA GAZOO Racing 86/BRZ Race 2020シーズンは、第6戦オートポリスが8月30日(日)に開催される。当初は2ヒート制の予定だったが、1ヒート制へと変更され、レーススケジュールも日曜日だけのワンデーレースへとコンパクト化されている。

 オートポリスは、クラブマンシリーズと同等のレギュレーションでサーキット独自のレース、いわば86/BRZレースの地方戦を開催している唯一のサーキット。九州という地理的にも、全国にシリーズ転戦をするのはハードルが高いことは間違いない。地方戦についてはいろいろなサーキットで実現の可能性は探ったようだが、実行できたのはオートポリスだけだったのだ。

2019年のTOYOTA GAZOO Racing 86/BRZ Raceの模様
画像はこちら 写真は昨年のオートポリス

 エントリー台数は、プロフェッショナルシリーズが24台、クラブマンシリーズ・エキスパートクラスが16台、オープンクラスが18台の、合計58台となった。

 エントリーリストで注目は、プロフェッショナルシリーズに#700阪口良平選手が含まれていたことだろう。昨シーズン参戦し、当初は今シーズンも同じ大阪トヨタチームからの参戦予定だったが、感染症予防などの見地から会社がイベント全体をキャンセルし、レース活動もできなくなっていた。別チームからの参戦だが、業師・阪口良平がレースを刺激するに違いない。昨年とは別チームからの参戦となる阪口良平選手画像はこちら

開幕戦のSUGOで明らかになったのは、やはりタイヤ開発競争は激化していたことだ。

 昨シーズンまで、クラブマンシリーズではブリヂストンとダンロップの主導権争いが続いていたが、プロフェッショナルシリーズはブリヂストン優位という状況で、最近はあまりヒートアップしていなかった。しかし今シーズン、ダンロップが新しいディレッツァβ-05を年頭に投入、さらに開幕戦直前にはその後のテスト結果からレース未使用のままでバージョンアップを果たすなど、本気の攻勢をかけてきた。ブリヂストンとダンロップのタイヤ画像はこちら

 SUGOでは、スポーツ走行の段階から、ダンロップが一発の速さを発揮。谷口信輝選手は驚速なラップタイムを叩き出していた。すでにダンロップを履いて十分なテストを実施し、その特性も掴んでいた。しかしレースで使用したのはブリヂストンだった。それは雨の予報によるもので、ウエットコンディションであればブリヂストン優位というのが一般的であり、新しいダンロップにはウエットでの十分なデータがなかった。3年連続のチャンピオンを目指す谷口信輝選手画像はこちら

 つまりドライでは勝てる速さを持っていないが、ウエットで大きく順位を落とす可能性がない、無難なブリヂストンを選択した、ということになる。3年連続・5度目のチャンピオンを狙うには、「今シーズンは5戦しかないので、ひとつでも落とすわけにはいかない」という決意の現れでもあった。

 そして谷口信輝選手と同様の判断で、ブリヂストンを選択するドライバーは少なくなかった。結果としてダンロップを使用したのは、服部尚貴選手や菅波冬悟選手といったダンロップのサポートドライバーだけだったのだ。

 しかしオートポリスでは、勢力図が一気に変わる可能性が高い。ウエットでのデータも積み上げることができたに違いない。「予選一発だけでなく、ロングでもダンロップのほうが速い」という声もあり、プロフェッショナルシリーズは黄色いタイヤが主役になる可能性がある。

 となると気になるのは、ブリヂストン以外を選択できないサポートドライバーたちで、開幕戦で初参戦初優勝を飾った#521川合孝汰選手や、導入したニューマシンが速い#87久保凜太郎選手、ブリヂストンの開発ドライバーである#34佐々木雅弘選手が、どういうレースを見せてくれるのか? 何か秘策があるのだろうか?TOYOTA GAZOO Racing 86/BRZ Race 2020に参戦するドライバー3人画像はこちら

 クラブマンシリーズ・エキスパートクラス、開幕戦では#130松井宏太選手が予選2位から逆転で優勝を飾った。ただし今シーズン参戦するのは、SUGOと最終戦のモテギだけ。青森のチームなので仕方ない。

 やはり速さをみせたのはポールポジションを獲得した#56鶴賀義幸選手だった。デビューシーズンながらチャンピオン争いに顔を出した昨シーズンは、フロックではなかったと証明してみせた。決勝レースでは、スタート進行の時間が短縮されていたため、ウエットのセッティングのままでスタートせざるを得なくなり、本来のレースペースを維持することができなかった。鶴賀義幸選手がステアリングを握るトヨタ・86画像はこちら

 その本命に対して、対抗馬は? SUGOでは予選で速さを出せずに沈んでしまった#550宗藤昌太朗選手、あるいはジムカーナ界のレジェンド#370菱井將文選手が、順当なところだろうか。ジムカーナ界のレジェンド菱井將文選手画像はこちら

 唯一のBRZとなる#358池島実紅は、今シーズン初参戦となる。昨年までフル参戦していたが、今シーズンはチームを変更。ニューマシンが用意されていたものの、開幕戦はドライバーのコンディション不良で欠席していた。心機一転、どんなレースをしてくれるのか? 開幕戦で女性ドライバー初の表彰台は咲川めり選手に奪われてしまった(Bレースを除く)が、池島実紅選手が表彰台に上がる姿を見てみたい。BRZで2020年シーズン初参戦となる池島実紅選手画像はこちら

 TOYOTA GAZOO Racing 86/BRZ Race 2020 第6戦は、8月30日(日)、大分県オートポリスで開催される。午前中に予選、午後に決勝レースという構成で、レース観戦は可能。オートポリス公式サイトの『新型コロナウイルス感染症への対策について(2020.08.06更新)』を確認した上で、サーキットへ向かって欲しい。

画像ギャラリー