クルマを傷めず「ドラテク」が学べ「Bライ」まで取れる! お得感満載のJAF公認競技 「オートテスト」って何? (1/2ページ)

クルマを傷めず「ドラテク」が学べ「Bライ」まで取れる! お得感満載のJAF公認競技 「オートテスト」って何?

特別な装備不要で参加できるモータースポーツ

 「専用のクルマやウェアが必要」「事故の可能性も多い」。サーキット走行をはじめとするモータースポーツに対して敷居の高さを感じるのは、おそらく上記のふたつが主な理由だと思う。

【関連記事】ヤリス登場でさらに加熱! いま「ナンバー付き」レースが人気なワケ

一般ドライバーには敷居が高く感じるサーキット走行画像はこちら

 でも通勤に使っているマイカーで特別なチューニングやカスタムも不要、おまけに普段着で参加できる競技があるとしたら? 実はいま、そんな競技がにわかに人気を集めているのだ。オートテストの参加者たちの集合写真1画像はこちら

駐車場や空き地が競技場所

 モータースポーツ好きであってもあまり聞き慣れない「オートテスト」と呼ばれる競技。日本で始まったのは数年前と日が浅いが、発祥の地であるイギリスでは50年を超える歴史があり、現在も入門カテゴリーとして根強い人気がある。まずはその競技の内容から解説していこう。オートテストに参加する車両1画像はこちら

 競技と言っても実施場所は駐車場や空き地のような広場がメインで、そこにカラーコーンなどでコースを作るのが一般的。スタートからゴールまでのタイムを計測するのはほかのカテゴリーと一緒だが、あまりスピードが出ないよう配慮してレイアウトされ、バックで走る区間や教習所で学んだ縦列駐車なども設けられる。

 カラーコーンに接触すればペナルティでタイムが加算され、駐車も決められた枠に収まらない限り何度でもやり直し。つまり速さだけじゃなく運転の正確さ、そして緻密な車両感覚が求められる競技なのだ。オートテストに参加する車両2画像はこちら

画像ギャラリー