安くて速けりゃ言うことなし! 「コスパ」最強の「穴場的」中古ホットハッチ4台 (1/2ページ)

安くて速けりゃ言うことなし! 「コスパ」最強の「穴場的」中古ホットハッチ4台

ワインディングを走るのが楽しいモデル!

 クルマ好きであれば一度は所有してみたいスポーツカー。しかし、そもそもの車両価格が高かったり、実質2シーターのような日常の使い勝手においてやや難のあるモデルとなると、なかなか気軽に購入するというのも難しいもの。

 そこでオススメしたいのが、実用性の高いハッチバックをベースとし、スポーティーなエンジンや足まわりをプラスしたホットハッチだ。最近では少なくなってきてしまったホットハッチではあるが、中古車に目を向けてみるとまだまだたくさんの車種が存在しており、なかには車両価格30万円以下で狙えるものも少なくないのだ。

三菱 コルト ラリーアート Version-R

 残念ながら現在はホットなスポーツモデルをラインナップしていない三菱ではあるが、過去にはミラージュでシビックらとホットハッチの座を争った過去もあるほど。そんなミラージュ亡きあと空欄となったホットハッチの座に2006年に登場したのがコルト ラリーアート Version-Rである。

【関連記事】どうして市販しなかったの? 幻の「国産ミッドシップスーパーカー」4選

2006年に登場したコルトラリーアートバージョンも今なら30万円で手に入る画像はこちら

 ミラージュの後継として登場したコルトをベースに、同社のイメージリーダーでもあるランサーエボリューションのテイストを持ったエアロパーツをまとい、154馬力(登場時)まで高められた1.5リッターターボエンジンを搭載し、キッチリボディ補強も施された同車は古き良きホットハッチを思い出させてくれるモデルとなっていた。154馬力を発揮する1.5リッターターボエンジン画像はこちら

 さらにモデル途中で「Version-R Special」という限定車をリリース(合計500台)。こちらはすでに高められていたボディ剛性を、ドア開口部に手作業で連続シーム溶接を施すことでさらに向上させたもので、より走りに拘るユーザーにオススメしたいグレードとなっている。500台限定のコルトラリーアートVersion-R Special画像はこちら

フォルクスワーゲン ポロ GTI(2代目)

 フォルクスワーゲン伝統のホットモデルであるGTI。現在はよりハードな「R」も存在しているが、やはり我々にとってはGTIという響きは特別なものがある。そんなGTIの名を冠するモデルでも手ごろな価格となってきているものが存在する。それが、2005年12月に日本に導入されたポロGTIである。2005年に発売されたVWポロGTIも予算30万円から狙える画像はこちら

 通算4代目となるポロに設定されたGTIは、ポロGTIとしては2代目となるモデルで、エクステリアは同世代のゴルフ(5代目)のGTIと共通の意匠となっており、“ミニゴルフGTI”といったもの。ミニゴルフGTIといっても過言ではないポロGTI画像はこちら

 搭載されるエンジンは、5ナンバーサイズのボディからすれば十分な150馬力を発生する1.8リッターのインタークーラー付ターボ。しかも1気筒当たり5バルブを備えた豪華なエンジンとなっている。フロントに搭載されるエンジンは1.8リッターのインタークーラー付ターボ付き画像はこちら

 また、ボディはスポーティーな3ドアと実用性に富む5ドアが用意されており、ユーザーの使用状況に応じて選ぶことができるという点もありがたいポイントである。

画像ギャラリー