公道には不向きだが「コンマ1秒」を削るアイテム! クラッチ操作のいらないMT「ドグミッション」って何? (1/2ページ)

公道には不向きだが「コンマ1秒」を削るアイテム! クラッチ操作のいらないMT「ドグミッション」って何?

コンマ1秒を削るプロのためのアイテム

 自動車関連のワードでトランスミッションと聞いて思い浮かべるのは、オートマ(AT)かマニュアル(MT)、といったくらいだろうか? オートマといっても、そこにはトルコン式やDCT(デュアル・クラッチ・トランスミッション)といった種類があることくらいはわかる人も多いだろう。

 しかしチューニングカーの世界ではドグミッションというものも存在する。一般的ではない聞きなれないものだが、モータースポーツ車両では戦闘力を増強してくれる貴重なシステムだ。今回はドグミッションについて解説をしていこう。

【関連記事】装着するだけじゃ意味なし! リヤウイングは角度調整が重要だった

AT車といってもCVTやDSGなどの種類が存在する画像はこちら

ミッション強度を向上させるために交換をする

 MT車でミッションの“乗せ換え”や“交換“をするというと、どういうことを想像するだろうか? ミッションが壊れたのか? もしくはATからMTへ変更するといった載せ替えを思い浮かべることが多いだろう。だが、チューニングの一環としてミッションの載せ替えは、ノーマルのミッションとは違った駆動伝達を備えたミッションに交換するというもの。車高調を組むとかいったポピュラーなカスタムとは大きく異なるので、あまり聞いたことがないかもしれない。トヨタ86のノーマルミッション画像はこちら

 この“乗せ換え”や“交換“をする目的は、当然ながらミッション機能を強化するというのがまずひとつだろう。強化ミッションとは、ギヤの素材そのものが違っていたり、ギヤ自体にWPC(金属表面処理の一種)やクロモリショットといったフリクションを減らす表面加工を行って、その名の通りギヤ自体を強化していたりしたもの。ミッションの強度的な問題をクリアしているものに交換するというわけだ。繁原製作所が造ったGRヤリス用のドグミッション画像はこちら

ギア比を変えることでエンジンの「おいしい領域」を駆動力として伝える

 もう一つはギヤ比の変更。ギヤ比? と思うかもしれないが、市販車として採用されている車両のギヤ比は、モータースポーツで使えるほど万能とは言えない。フル乗車かつ荷物満載状態での坂道発進まで考えたローギヤから、高速道路等での燃費までも考慮したハイギヤを設定し、その中間部分をカバーするように振り分けて設定されたのが、市販車のギヤ比である。トヨタ86用の純正トランスミッション画像はこちら

 これを、サーキットでのタイムを削るために走り込むとなると、その走るステージによって、ギヤチョイスが合うか合わないかという点が出てくる。さらに、そのステージに合わせて不要な部分はカットして、各ギヤの差を狭めることで、エンジンの「おいしい領域」を十分に駆動力として伝え使い切りたいため、コース全体でのタイムアップに合わせてゆくギヤ比をチョイスして交換、という話になる。それがクロスミッションと言われるもの。ミッションを交換することで、絶妙なタイミングまで車速を引っ張ることができる画像はこちら

 クロスミッションにすると、ギヤの間隔が狭まるため、シフトアップ時の回転数の落ち込みも当然減って、よりエンジン出力の美味しい部分だけを使えるようになる。走るステージによってロークロスミッション、ハイクロスミッションというチョイスにもなる。クロスミッションのギアパーツ画像はこちら

画像ギャラリー