ナスカー・トラックで服部茂章率いるHREは2戦連続アクシデントに巻き込まれ【2021 NASCARトラックシリーズ 第2戦】 (1/2ページ)

ナスカー・トラックで服部茂章率いるHREは2戦連続アクシデントに巻き込まれ【2021  NASCARトラックシリーズ 第2戦】

開幕デイトナ2連戦で、厳しいスタート

 アメリカでもっとも人気のある自動車レース「NASCAR(ナスカー)」の2021年シーズンが恒例のデイトナ・インターナショナル・スピードウェイで開幕した。開幕戦こそ、オーバルコースを使用した一戦となったが、ナスカー3大カテゴリー「カップ」「Xfinity(エクスフィニティ)」「Camping World Truck(トラック)」のうちのトラック・シリーズ第2戦「BrakeBest Select 159 AT DAYTONA」は、IMSAシリーズのデイトナ24時間レースでも使用するロードコースでの開催となった。「BrakeBest Select 159 AT DAYTONA」を走るHREタンドラ このロードコースは、オーバル部分とインフィールド部分を合わせた複合コースで、深いバンク角のターンと、タイト・コーナーが連続するロードコース部があり、セッティングの難しいコースとなっている。また今回はハイスピード抑制のためにターン4出口にシケインを配した特別仕様となっており、このコース44周 (158.8マイル=255.5km)でのレースとなる。

 2018シーズンのトラック・シリーズのタイトルを獲得しているHATTORI RACING ENTERPRISES (HRE)は、このナスカーの中で唯一の日本人オーナーである服部茂章代表率いるチームだ。ドライバーには今年も3年目となるオースティン・ヒル選手を起用し、ゼッケン16をつけるトヨタ・タンドラで戦う。今回は、アメリカ及びカナダで放送している通信衛星を使用したデジタルラジオのシリウスXMラジオ(Sirius XM Radio Inc.)のカラーリングを施したCar # 16「Sirius XM TOYOTA TUNDRA」での参戦だ。第2戦は「Sirius XM TOYOTA TUNDRA」カラーの#16タンドラ 開幕戦では練習走行と予選セッションが行なわれたが、第2戦の今回は、決勝レースのみを行なう昨シーズン後半の各戦と同様のレースフォーマットとなり、決勝スタートのグリッドは前戦のレース結果からの抽選により決まり、オースティン・ヒル選手は20番手からスタートをきることとなった。

 この日、デイトナ周辺は小雨模様で、路面はウエットの状態で午後7時半にレースはスタート。今回のレースは、第1ステージ12周、第2ステージ13周、そして最終ステージ19周の3ステージ制のレースとなる。

 ヒル選手はスタートからポジションを18番手に上げ、さらに4周目には13番手までアップ。さらにイエローコーション明けのリスタートでジャンプアップするなど、8番手まで順位を上げて第1ステージのチェッカーを受ける。このステージブレイクのピットインで給油と4本のタイヤ交換を行なって、コースに復帰。このピットインで27番手まで順位を大きく下げたものの、そこから第2ステージを迎えた。#16タンドラを駆るのはヒル選手

画像ギャラリー