意外と「じゃじゃ馬」だった! レジェンドドライバーが語る名車「AE86」本当の操縦性 (1/2ページ)

意外と「じゃじゃ馬」だった! レジェンドドライバーが語る名車「AE86」本当の操縦性

伝説の名車の「新車当時」を知る津々見友彦によるプレイバック試乗

 半ば伝説と化している4代目トヨタ・カローラレビン/スプリンタートレノ、通称AE86。シリーズ最後のFRレイアウトを採用した最後のモデルだ。精神的後継車であるトヨタ86&スバルBRZも多くのファンを持つが、AE86はなぜ今もなおクルマの心を捉えて離さないのだろうか? そこで新車当時のAE86をよく知るモータージャーナリスト津々見友彦に、試乗した印象を振り返っていただいた。以下、本人のリポートをお伝えしよう。

若いドライバーにドンピシャのパッケージだった

 1983年、4代目となったトヨタ・カローラレビン/スプリンタートレノは当時、中、小型のファミリーカーがFF化される中、FRでしかも、スポーティな2ドアノッチバックと3ドアハッチは魅力的なルックス。

【関連記事】超人気アニメ&映画でも大活躍! 名車「フィアット500」が今なお愛されるワケ

今なお名車として語り継がれる4代目トヨタ・カローラレビン/スプリンタートレノのリバイバルインプレッション画像はこちら
エンジンは1.6L、4気筒、ツインカム、16バルブ、燃料噴射装置とレーシングエンジン並みのスペック。130ps/6600rpmという出力も十分だ。今なお名車として語り継がれる4代目トヨタ・カローラレビン/スプリンタートレノのリバイバルインプレッション画像はこちら

 軽快なクーペ風イメージで当時のクルマ好きの若い人達にはピタリとハマるコンセプトだった。ミッションも5速MT。アナログタコメーターとスピードメーターが正面にありコクピットも楽しい! クルマ好きに受けない訳がない。今なお名車として語り継がれる4代目トヨタ・カローラレビン/スプリンタートレノのリバイバルインプレッション画像はこちら走りがまた楽しい。当時のクルマはいずれもそうだが、930kg程度と軽く、また全長も現在の安全基準と違い短い。

画像ギャラリー