「イオタ」に「カウンタックLP400S」! 懐かしのスーパーカー消しゴムが京商から販売

「イオタ」に「カウンタックLP400S」! 懐かしのスーパーカー消しゴムが京商から販売

ランボルギーニ公認のスーパーカー消しゴム

 モデルカーやR/C(ラジコン)カーをラインアップする模型メーカーの京商から少し変わったアイテムが販売されているのをご存じだろうか。1970年代後半に巻き起こった「スーパーカーブーム」の到来とともに、駄菓子屋や文房具店で小学生を夢中にさせた“カー消し”が復刻しているのだから驚きだ。

 これは、絵本の企画・制作やスーパーカーの展示を通じて、子どもたちに夢見ることの素晴らしさを伝える事業を展開している会社「GGF-T」のオリジナルグッズで、ランボルギーニ公認アイテムとしてこのグッズを復刻。2021年3月中旬から京商で販売を開始している。

【関連記事】「AZ-1」「ビート」「カプチーノ」! 奇跡の軽スポーツ「平成のABCトリオ」はなぜ傑作だったのか

GGF-Tオリジナルグッズのスーパーカー消しゴム画像はこちら

ボールペンではじき飛ばして遊んだスーパーカー消しゴム

 リアル世代の方には懐かしいかもしれないが、知らない方のために説明をしておこう。1975年から週刊少年ジャンプで連載が始まった「サーキットの狼」をきっかけに、一世を風靡した「スーパーカーブーム」。当時はスーパーカーという名前がついたグッズも多く出回ってきた。スーパーカーグッズの鉛筆画像はこちら コレクターズカードはもちろん、コップや茶碗、メンコやカルタといったモノの外観にスーパーカーのイラストは溢れていたが、瓶のコカ・コーラやファンタなどの王冠の裏側にまでスーパーカーが描かれていたりと、文字通り一大ブームとなった。瓶ジュースの裏蓋にあったスーパーカーイラスト画像はこちら

 その人気アイテムのひとつが消しゴムの“カー消し”で、ガチャガチャに大事なお小遣いを20円入れると1個出てくる仕組みだった(地域によってはボールペンのおまけだった)。そのカー消しを集めた子供達が、机の上や庭先でノック式ボールペンを弾いて消しゴムのマシンを飛ばし、チキンレースやクルマをぶつけ合って押し出した方が勝者となる遊び方をしていた。スーパーカー消しゴムの遊び方画像はこちら

 あくまでも消しゴムだったためクルマ・モデルとしてのクオリティは低かったが、(消しゴムとしてのクオリティも低かったが……)、ランボルギーニ・カウンタックやフェラーリ365BB、ロータス・ヨーロッパなどがあった。中には「これ、スーパーカーだっけ……?」と思うようなクルマもラインアップされていた。1970年代のスーパーカー消しゴム画像はこちら

幻のイオタにカウンタック25thアニバーサリーがラインアップ

 ラインアップは、ランボルギーニ・イオタ、ミウラP400SV、カウンタックLP400S、カウンタック25thアニバーサリー、ウラッコP250Sの5車種で、レッド、イエロー、グリーン、ホワイトの4色が用意されている。GGF-Tオリジナルグッズのスーパーカー消しゴム画像はこちら 制作は国産消しゴムメーカーのイワコーに依頼し、3Dモデリングで実車のようなディテールを再現。ミウラP400SVを例に挙げると、1/100スケールでありながらBピラーのエアインテークフィン(ドアハンドル付近)やルーフのスリット、分割されたテールランプなど、精密に作られているのも嬉しい。GGF-Tオリジナルグッズのスーパーカー消しゴム画像はこちら

 気になる価格だが、4車種カラーバリエーション違い(ミウラP400SV、カウンタックLP400S、カウンタック25thアニバーサリー、ウラッコ)が入って、3520円(税込)。ランボルギーニ・イオタは別売となり、1個880円(税込)となるというので注意をしてほしい。購入方法は京商オンラインまたはGGF-Tオンラインで入手することが可能だ。GGF-Tオリジナルグッズのスーパーカー消しゴム画像はこちら

 底面には取外しが可能な台座(マグネット入)が付属しているので、飾るも良し、遊ぶも良し。現代に蘇ったカー消しで当時を懐かしんでみるのはいかだろうか。

【詳しくはこちら】

スーパーカー消しゴム

https://dc.kyosho.com/ja/supercar-keshigomu

【お問い合わせ先】
京商株式会社 お客様相談室
◆tel. 046-229-4115
※13:00~18:00(月曜~金曜日、祝祭日を除く)

画像ギャラリー