どちらも2400万円超え! 日本代表「GT-R NISMO」vsドイツ代表「AMG GT R」スーパースポーツ対決 (3/3ページ)

リアルスポーツを標榜する2台の走りはいかに!?

 いよいよ、同じネーミングを持つ似て非なる2台を乗り比べてみたい。

 まずはドイツ代表のAMG GT Rから。ひとことで表現すれば「極めて性能の高いピュアスポーツ」という印象。ステアリング、アクセル、ブレーキのすべてがダイレクトで走りに一体感がある。パンチの効いた加速を示すエンジンは全域がパワーバンドのよう。

【関連記事】ダイハツ「コペンGR SPORT」はカスタムしても楽しい? 気になるポイントをチェックしてみました【AMWリレーインプレ】

「メルセデスAMG GT R」vs「日産GT-R NISMO」日独GTRバトル画像はこちら

 過激なドライブモードを選択すると、もともと猛々しいエキゾーストサウンドがさらに獰猛になり瞬発力もさらに増す。乗り手が喜びそうな“演出”も見られるが、スパルタンでありながら非常に扱いやすいことも印象的だ。

 かたや日産GT-Rはストイックに性能だけを追い求めた印象。そこに演出的な要素はない。専用のターボチャージャーを搭載したエンジンは、低回転域は控えめながらブーストがかかったときの伸びやかな吹き上がりはインパクト満点だ。トップエンドにかけてワープするかのように加速する。「メルセデスAMG GT R」vs「日産GT-R NISMO」日独GTRバトル画像はこちら

 加えて4WDの強みに空力などの向上も効いて、リニアな回頭性と路面に吸い付くようなコーナリングにより、限界がはるか彼方にあるような感覚に見舞われるほどだ。

 いずれも驚異的な速さを誇りながらもドライブフィールは意外なほど好対照の2台。どちらが速いのか? という結論は想像にお任せする。

 

メルセデスAMG GT R主要諸元

●全長×全幅×全高:4550mm×2005mm×1285mm

●ホイールベース:2630mm
●車両重量:1690kg

●エンジンタイプ:V8 DOHC 32Vツインターボチャージャー

●総排気量:3982cc

●最高出力:430kW[585ps]/6250rpm

●最大トルク(Nm[kg-m]/rpm):700Nm[71.4kg-m]/2100~5500rpm

●駆動方式:FR 

●トランスミッション:7速DCT

●サスペンション:前後ダブルウィッシュボーン

●ブレーキ:前後ベンチレーテッドディスク

●タイヤ:前275/35R19 100Y・後325/35R20 106Y

●乗車定:2名

●燃料タンク容量:無鉛プレミアムガソリン75L

●車両本体価格:2450万円(税込)/オプション装備合計303万円(税込)

 

日産GT-R NISMO主要諸元 

●全長×全幅×全高:4690×1895×1370mm

●ホイールベース:2780mm

●車両重量:1720kg

●エンジンタイプ:V6 DOHC 24Vツインターボチャージャー

●総排気量:3799cc

●最高出力:441kW[600ps]/6800rpm

●最大トルク(Nm[kg-m]/rpm):652Nm[66.5kg-m]/3600~5600rpm

●駆動方式:4WD 

●トランスミッション:6速DCT

●サスペンション:前ダブルウィッシュボーン・後マルチリンク

●ブレーキ:前後ベンチレーテッドディスク

●タイヤ:前255/40ZR20 101Y・後285/35ZR20 104Y

●乗車定員:4人 

●燃料タンク容量:無鉛プレミアムガソリン74L

●車両本体価格:2420万円(税込)/オプション装備合計:34万3982円(税込)