バブル世代の「青春ど真ん中」を駆け抜けた!「ヤンチャ」過ぎた80年代「ボーイズレーサー」4選 (1/2ページ)

バブル世代の「青春ど真ん中」を駆け抜けた!「ヤンチャ」過ぎた80年代「ボーイズレーサー」4選

コンパクトホットハッチが80年代の若者を魅了

 いまはシニアと呼ばれる世代のクルマ好きも、1980年代はまだ青春時代。アタマのなかはクルマのことと女の子のことでいっぱいで、バイト代は全部クルマにつぎ込んで、元気に走り回っていた。そんな彼らの相棒だったのが、いわゆる「ボーイズレーサー」。若者を虜にした80年代ボーイズレーサー

 トヨタのスターレットや、ホンダのシティ、マツダのファミリア、日産のマーチなど、若者向けのコンパクトでスポーティなハッチバック車たちのことだ。そんなやんちゃなボーイズレーサーをいくつかピックアップしてみよう。

FRレイアウトを継承した走り屋1年生の練習機【トヨタ スターレット(KP61型)】

  80年代のボーイズレーサーの代表格といえば、やっぱりスターレット。若者を虜にした80年代ボーイズレーサー

若者を虜にした80年代ボーイズレーサー 1978年に登場した2代目スターレット(KP61)は、ライバルのベーシックカーがFF化するなか、FRレイアウトであったのが大きな魅力。KP61ではワンメイクレースのシリーズ戦の元祖「スターレット・カップ」も行われ、ラリーやジムカーナでも活躍した。アフターパーツも充実していたし、なにより車両重量が730kgと軽量で中古車も安かった! 昭和末期には10万円未満の個体もゴロゴロあったほど。走り屋一年生たちは、このKP61で入門して腕を磨き、“アニキ”たちのレビン・トレノに憧れる構図だった。

 1984年にデビューした3代目スターレット=「かっとびスターレット」(EP71)も、正統派ボーイズレーサーで、このEPからスターレットもついにFF化。

 エンジンは新開発の吸気2/排気1の3バルブ「レーザー2E-12バルブ」となり、最高出力は93psにパワーアップ。パワーウエイトレシオは7.96kg/ps(Siリミテッド)で、「かっとび」のキャッチフレーズにふさわしい軽快さで、7000rpmまでご機嫌に回り、スポーティな60タイヤ(185/60R14)と、一新されたサス(Fストラット/Rトレーリング・ツイストビーム)のおかげで、ハンドリングもけっこうクイックだった。若者を虜にした80年代ボーイズレーサー モータースポーツベース車「Ri」の新車価格は96万7000円。Siリミテッドでも117万円と、1.3Lクラスを席巻した。

インタークーラーターボ搭載のまさにサイボーグ!【三菱ミラージュ サイボーグ(C53A型)】

 2台目は昭和末期の1987年にデビューした三菱の3代目ミラージュ(C53A)。

 シビックをはじめライバルの1.6Lクラスのクルマが、どんどんDOHCエンジンを積むなか、少し出遅れた三菱が満を持してDOHCエンジン「4G61型」を投入。同社ではギャランGTO MR以来の1.6Lツインカムエンジンの採用で、NAとターボモデルがあり、空冷インタークーラーターボは当初最高出力145psでクラストップの出力を発揮。マイナーチェンジ後は160psにまで出力が向上された。若者を虜にした80年代ボーイズレーサー サスはフロント:ストラット/リヤ:3リンク・ツイストビームという組み合わせだったが、世界で初めてダンパーの減衰力調整機能に加えてスタビの特性まで可変するデュアルモードサスペンションを採用。画期的ではあったが、セッティングの仕上がりそのものはいまひとつであった。若者を虜にした80年代ボーイズレーサー ワンメイクレースの「ミラージュカップ」では、ハコの名手たちがこのミラージュサイボーグで腕を競い合い、ちょうど当今の86/BRZレースのように盛り上がっていた。

画像ギャラリー