最新のRをカモる「マインズR34GT-R」! 伝説のチューニングカーを分解してわかった「速さの秘密」 (2/2ページ)

プロでも気付かない「純正風」の作り込み

 板金塗装のプロでさえ、一見してわからない驚愕の作り込み。「ノーマル」の外観を貫くマインズの凄みを垣間見た瞬間であった。 リフレッシュ後も機会があれば走らせる。キレイになったからといって飾っておくつもりはないという。別の個体で作り直しても本デモと同じにはならない。

 ガレージヨシダに持ち込まれたマインズの本デモは、ガラス類が外された後にボディ専用治具(通称: カーベQ)に固定され、現状の確認と施工内容の検討をスタート。

「隅々までよく観察すると、マインズさん独自のスタイルを貫いているな、という印象です。補強の仕方は正解が導き出しにくいものですが、このR34は結果を出しているクルマですし、勉強になる素材を与えてもらって光栄です。ボディ下部にはアンダーコートがなく、鉄板の継ぎ目はほぼ溶接されている状態。各部を溶接をした後に塗装が施されています

【関連記事】913万円の「コンプリートエンジン」も受注絶えず! いまチューニングメーカーで組んだエンジンが引っ張りだこの理由とは

板金のプロでも驚く各部の補強と軽量化を表すコクピット画像はこちら

が、下地処理をせずにホワイトの塗装を吹いた状態ですね。重くなることを嫌い、少しでも塗料を減らしたかったことがうかがえます。一部メインフレームやホイ ールハウス内に塗装剥がれによる錆が出ていますが、根が張って腐食しているわ けではないので、状態としては悪くありません」と吉田代表は分析する。

剛性アップと共にグラム単位で軽量化を徹底

 他にも驚異の発見は続く。ボルトやナットはできる限り小さいサイズに変更し、トルクの掛からない部位はチタンやアルミに置き換え済み。唯一剛性アップのために追加されたリヤストラットを繋ぐバーは、普段は内装が装着され目にすることはない場所に投入。ボディをバラしたときに車両から降ろされたハーネス類は通常の半分程度しかなく、不要な配線は間引かれ、ECUもそれに対応したスペシャル品が使用されていた。

唯一バーを追加したコクピット後方の剛性強化部分画像はこちら

 そしてフロントのホイールハウス内を覗けば、バルクヘッド側に当て板が追加され溶接留めにされている。リヤ側はホイールハウスの出っ張り部分に当て板を追加し剛性をアップ。リヤシート下部のフロアは、フレーム類はすべて追加の溶接で補強しているが、剛性が不要な部分には手を入れていない。そして通常はボルトナットで固定されているはずのルーフのフレームは、すべて溶接留めに変更。軽量化と剛性アップを図っている。

純正ならボルトナットで停められている部分を溶接留めした天井部画像はこちら

 伝説となるほどの速さを持っているのだから秘密は必ずある。軽量化と剛性アップ。考えてみれば当然のことなのだが、それを「いかにも」ではなく、純正然としたスマートな佇まいでやり遂げる。もちろん手間も掛かる作業だが、努力は見せずに結果を残す。マインズの貫くポリシーとカッコよさを再認識したのである。

エンジンを下ろしたところで補強と軽量化が露わになったマインズR34GT-R画像はこちら