ヤンチャ過ぎて逆に快感! 懐かしの暴れん坊「ドッカンターボ」国産車4選 (1/2ページ)

ヤンチャ過ぎて逆に快感! 懐かしの暴れん坊「ドッカンターボ」国産車4選

高回転では強烈な加速が味わえる!

 最近のクルマは排気量の縮小化が顕著であるが、これはCO2排出量をできるだけ抑えるという観点からすれば非常に有効な策だ。

 しかし、ただ排気量を小さくしただけでは動力性能が低下してしまう。低下分を補うためにターボなどの過給機を装着し、必要な力を獲得するというのが最近主流の「ダウンサイジングターボ」と呼ばれるものだ。これは小型のターボを装着し、低回転域から過給をすることであたかも排気量の大きなNAに乗っているような自然な出力特性となっている。

 しかし、ある程度ベテランのクルマ好きからしてみれば、ターボと聞くとやはり過給がかかると急にパワーが出てくる「ドッカンターボ」こそ、ターボの醍醐味と考える人もいるだろう。そこで今回は強烈な加速感を味わえるターボモデルをピックアップしたい。

トヨタ・スターレット(EP71型)

 パブリカからの派生車種として、1973年に登場したスターレット(当時はパブリカスターレット名義)。1984年にデビューした3代目からは、FRからFFへとレイアウトを変更。86年にはインタークーラー付ターボで武装した「ターボS」が追加される。

【関連記事】フェラーリ「テスタロッサ」が2億6500万円! 世界に1台のはずが、なぜ複数台存在する?

スターレット画像はこちら

 デビュー当初から「かっとびスターレット」というコピーで走りの良さをアピールしていた。ターボモデルは「韋駄天ターボ」や「辛口ターボ」というコピーでその性能を見せつけた。

 典型的なドッカンターボであったスターレットは、その特性から乗りにくく感じるユーザー向けに「Loモード」と呼ばれる低ブーストになるスイッチを用意。そのほか、すぐに高回転域まで吹き上がる1速時には、強制的にLoモードになるようにしてじゃじゃ馬っぷりを抑えていたのである。

スターレットのターボエンジン画像はこちら

ホンダ・シティ ターボII(FA型)

 今でこそ軽自動車を中心に定番となっている、全高を高めて居住性を高めるという手法。その元祖とも言えるのが、「トールボーイ」と呼ばれるデザインを採用した初代シティだった。

ホンダシティ画像はこちら

 1981年に登場した初代シティは、シビックの下のクラスを補完するために生まれたコンパクトカーであったが、1982年9月にはターボモデルを追加。さらに1983年10月には「ブルドッグ」の愛称でも親しまれた「ターボII」が登場する。

 このターボIIは、大型のボンネットパワーバルジやブリスター型に張り出したオーバーフェンダーなどで武装。コミカルなシティが一転してボーイズレーサーとなっていたのである。

シティターボの走り画像はこちら

 そして搭載されるターボもインタークーラー付きとなり出力が向上した。さらにエンジンの回転数が3000rpm以下のときにアクセルを全開にすると、10秒間だけ過給圧が10%アップする「スクランブルブースト」と呼ばれる機能も搭載。ドッカンターボを逆手に取ったものとなっていた。