クルマを文化する
REAL CAR CULTURE

AUTO MESSE WEB

クルマを文化する
REAL CAR CULTURE

AUTO MESSE WEB(オートメッセウェブ)

  • TOP
  • CUSTOM
  • GT-Rだけじゃなく、電気自動車も改造可能! ニスモの「エンジンチューニング」が想像斜め上行く充実っぷり
CUSTOM
share:

GT-Rだけじゃなく、電気自動車も改造可能! ニスモの「エンジンチューニング」が想像斜め上行く充実っぷり

投稿日:

TEXT: 酒呑童子 PHOTO: NISMO/Auto Messe Web

ワークスが手がける「本格」エンジンチューニング

 NISMOの手掛けるエンジン(というよりは今や原動機というべきか)チューニングメニューは、現在、スポーツリセッティング(以下スポリセ)シリーズ、S1、S2のS-tuneシリーズ、そして現在最高峰となっているR2のR-tuneシリーズの3種類が展開されている。

間口が広い「スポーツリセッティング」

 スポーツリセッティング(以下スポリセ)は、いわゆるコンピュータチューンに属するライトなメニュー。現在は、スポリセにもTYPE-1/TYPE-2/TYPE-3と細分化され、以下の通り。

TYPE-1:サーキット走行向けに、スピードリミッターのみ変更した仕様。

TYPE-2:スピードリミッター変更はもちろん、空燃比・点火時期・可変バルブタイミング・過給圧・電制スロットルなど車種によりその制御をリセッティングすることで、よりスポーティなエンジン特性へと進化させるメニュー。車種によってはマフラーなど付随パーツとセットになっている場合もある。

TYPE-3:「TYPE-2」に対しさらなる性能向上を狙った仕様で、吸気系などのパーツも変更し、燃料は市販プレミアムガソリン限定となる。

 ちなみに、ノートe-POWERやリーフなどの電気自動車に対しても上記スポリセTYPE-2がラインアップされているので、冒頭で原動機としたわけだ。

 価格的にもTYPE-1で10万円台前半、TYPE-2で10万円台後半から車種によっては30万円前半、TYPE-3は20万円後半から30万円前半で、NISMOのラインアップの中では購入しやすい価格設定だ。

 スポリセの取り扱いは全国のNISMOパフォーマンスセンターおよびNISMO大森ファクトリー。

1 2

CAR ranking

RECOMMEND

MEDIA CONTENTS

MEDIA CONTENTS

ranking

AMW SPECIAL CONTENTS