クルマを文化する
REAL CAR CULTURE

AUTO MESSE WEB

クルマを文化する
REAL CAR CULTURE

AUTO MESSE WEB(オートメッセウェブ)

  • TOP
  • CUSTOM
  • 800psマッスルカーを操るアスリートって誰? オリンピック選手の「自慢の愛車」3選
CUSTOM
share:

800psマッスルカーを操るアスリートって誰? オリンピック選手の「自慢の愛車」3選

投稿日:

TEXT: 近藤暁史 PHOTO: 日産自動車/メルセデス・ベンツ/Auto Messe Web編集部

金メダル獲ったらご褒美にクルマもあり!?

 いろいろな話題を提供してくれるオリンピック。ゴタゴタはここでは置いておいて、注目したいのがオリンピック選手たちの乗るクルマ。つまり愛車だ。芸能人以上に公表されていないし、実際にクルマに乗っているかも不明だったりするが、お、これはクルマが好きそうだ、と思わせる選手について、わかった範囲で紹介しよう。(※現在は所有していない場合もあります)

大坂なおみ【日産GT-R NISMO】

 スポーツ選手の場合、スポンサーからもらったパターンというのは定番で、直接スポンサードしてもらってなくても、大会に優勝した賞品というパターンもある。「好きでもないのにもらったりして……」とやっかんだりするが、その点、大坂なおみ選手は少々違う。

 2018年の全米オープンで優勝したのをきっかけにして日産のアンバサダーに就任。ウサイン・ボルトも同様で、各地の空港に巨大なポスターが貼られるなどしたのは記憶に新しいが、日産そのもののブランドをアピールするのがアンバサダーの役目だ。

 そうなると日産車にも乗ってもらわないと、ということで就任式でリーフを贈呈したのだが、その際に「好きなクルマは白いGT-R」と言い放って、周囲が凍りついたのは今でも覚えている人は多いのではないだろか。失笑&「まあまあ、それはそれ」で終わらず、登壇した星野専務執行役員が「あげましょう」と言って、大いに盛り上がったものだ。

 しかもただのGT-Rではなくて、NISMOという大盤振る舞い。ちなみにボディカラーは白ではなく、シルバー(アルティメイトメタルシルバー)だった。定番の巨大キー(GT-Rはアナログキーではない)の贈呈のあと、実際に乗ってみたりしたのだが、「スピード出るから気をつけて」と注意したりして、日産もヒヤヒヤだったのではないだろうか。

 その後、「大坂なおみ選手 日産ブランドアンバサダー就任記念モデル」GT-Rを50台限定で発売したのは、日産もちゃっかりした感じ。

1 2

CAR ranking

RECOMMEND

MEDIA CONTENTS

MEDIA CONTENTS

ranking

AMW SPECIAL CONTENTS