かつては「主役」だったのに何故? サーキットから「ホンダスポーツ」が姿を消す日 (1/2ページ)

かつては「主役」だったのに何故? サーキットから「ホンダスポーツ」が姿を消す日

アマチュアのレース好きにとっては大打撃? 

 ほんの数年前までは公式だろうと非公式だろうと、参加型モータースポーツの主力だったホンダ車。しかしシビックやインテグラを中心とした往年の名車たちは、パーツの調達が難しくなり急激に数を減らしている。このままサーキットから姿を消えてしまうのか、それとも後継者へバトンを渡せるのだろうか?インテグラシリーズ

参加型モータースポーツの「主役」だったかつてのホンダスポーツ

 シビックならEG6にEK9、そして4ドアになったFD2。またDC2とDC5のインテグラにS2000。タイプRを筆頭とするホンダのアンダー2Lといえば、以前は参加型モータースポーツにおける主役だった。インテグラタイプR ワンメイクレースでは大勢のドライバーが熱いバトルを繰り広げ、ジムカーナやダートラといったカテゴリーでも大活躍。サーキットの草レースでの人気ぶりもまだまだ色褪せない。ところが盛者必衰はクルマの世界にも当てはまるようで、最近はかつてのメインキャストたちの姿が激減している模様。インテグラタイプR

 ひとつ例を挙げれば2021年6月にツインリンクもてぎで開催された、7時間の耐久レースである通称『JOY耐』だ。ホンダのお膝元ともいえるサーキットが舞台だけあって、参加車両は昔からシビックやインテグラが多かった。一線を退いたワンメイクレース車両を耐久用にリメイクしたり、一般的なサーキット仕様のチューニングカーを持ち込むエントラントなど、該当するクラスは常に盛況。

 しかし今年は70台を超えるエントリーのうち、EG6/EK9の1.6Lシビックはわずか6台。それ以外のインテグラやS2000を含めても、いわゆる旧世代のアンダー2Lは15台ほどという状況だ。JOY耐2021 もっとも年数が経てば中古車のタマ数は減るし、廃盤になってしまう純正パーツもどんどん増え、消耗の激しいサーキットから消えていくのは必然。このままホンダ車は参加型モータースポーツの表舞台から、フェードアウトしていくのが定めれた運命なのだろうか。確かに旧世代のクルマに関してはそのとおりだと思われる。ただしJOY耐ではフィット専用のクラスが設けられ、今年は15台がエントリーし総合優勝にも輝いた。

 各地のサーキットではワンメイクレースが行われているし、ジムカーナなどで姿を見かける機会も少なくない。シビックの『延命』ぶりから考えると、車種がひとつという現実には寂しさを覚えるものの、わずか2~3年でホンダ車が消える心配はないはずだ。

画像ギャラリー