中古車価格爆上がり確定! なりふり構わず手に入れたい超希少「STIコンプリートカー」5選 (1/2ページ)

noteで書く
中古車価格爆上がり確定! なりふり構わず手に入れたい超希少「STIコンプリートカー」5選

スバリスト垂涎のブランド「STI」謹製コンプリートカーはなぜ人気なのか

 昨今の国産スポーツモデルの中古車市場は限定車に限らず値上がり傾向。スバル車で言えば、EJ20ターボエンジン搭載車はとくに市場価格が上昇中だ。しかし、この値上がり傾向となる前から、マニアの間では垂涎のSTIコンプリートカーはその希少性からその価値を不動のものにしている。

 STIとは、スバルのモータースポーツやスポーツパーツ開発などを手掛ける、いわゆるワークスブランドだ。そのSTIがベースモデルに、レースシーンなどで培ったノウハウをふんだんに取り入れたスペシャルパーツやスペシャルチューニングを施したコンプリートカーが存在する。

 コンプリートカーシリーズを大別すると、「S」シリーズ(R205を含む)と呼ばれる足まわりから内外装、パワートレインまでに手を入れたMT専用モデルを筆頭に、エンジンはベースモデルのままだが足まわりや内外装をメインにチューニングした「tS」シリーズ(tuned by STIを含む)の2通りが存在する。このほかタイプRA-RやEJ20ファイナルエディションといった記念モデルも、STIが手掛けたコンプリートカーとして分類されている。

 オートメッセウェブでも、これまでにSTIコンプリートカーの数々を紹介してきた。今回はそのなかでもすでに高額となっているモデルや、希少性ゆえに今後注目されそうなモデルを5台ほどピックアップしてみた。

WRX STI typeRA-R

 3代目インプレッサWRX STIに存在した軽量モデル「スペックC」を彷彿とさせる、VAB型WRX STIの軽量モデル。WRX STI typeRA-R バランス取りされたエンジンは「S」シリーズに準じた329ps/7200rpm、432N・m/3200〜4800rpmというスペックを誇る。また、クラッチやフライホイールまでがバランス取りされている点にも注目だ。WRX STI typeRA-R

 ほかにもヘッドライトウォッシャーやリヤワイパー、リヤシートアームレストなどを省略することで軽量化を追求。シート生地やシフトブーツ生地は専用品とし、さらにトランク内のメルシートまでを省略するなどの徹底ぶり。また軽量化のためフロントアンダースポイラーは未装着だが、それでも空力を4%向上するドライカーボン製のエアロミラーが専用装備される。

 実際に試乗してみると、ワインディングではその軽さを活かした軽快な走りが魅力だが、サーキット走行も十二分に可能な実力を持つ。ピュアに走りを楽しみたい人には是非おすすめしたい1台だ。新車当時の価格は499万8240円というプライスを掲げていたが、現在の中古車市場ではすでに500万円台後半から極上車では700万円台後半というプレミア価格となっている。Sシリーズの持つ気持ちの良いパワーフィールを軽量ボディで味わうことのできる貴重なモデルだ。

WRX STI typeRA-R

WRX STI EJ20ファイナルエディション

 その名の通り、スバル史上もっとも愛されてきた名機「EJ20」エンジンの終焉を記念し、限定555台が抽選販売されたモデル。WRX STI EJ20ファイナルエディション 最高出力308ps(227kW)/6400rpm、最大トルク422N・m(43.0kg-m)/4400rpmのスペックはベースモデルから変更はないが、ピストンやコンロッド、クランクシャフトやフライホイール、クラッチカバーといったパーツがバランス取りされている。WRX STI EJ20ファイナルエディション コンプリートモデルの圧倒的なパワーも魅力的ながら、ベースのEJ20をもっとも味わい尽くせるモデルがこのEJ20ファイナルエディションといえるだろう。

 日常の喧騒を忘れさせてくれるEJ20ターボの気持ち良さは、高速道路のインターチェンジから走行車線に合流するだけでも十分に味わうことができる。この「エンジンをブチ回す」官能的なフィーリングは何物にも代え難い。WRX STI EJ20ファイナルエディション もちろんBBS製19インチのゴールドホイールやリヤバンパーアウトレットグリル、ウルトラスエードステアリングといった特別装備を採用。SシリーズやtSシリーズのようにSTIフレキシブルタワーバーなどのシャーシチューニングこそ装着されないが、ネーミングの通り純粋にEJ20のフィーリングを楽しむモデルといえるだろう。WRX STI EJ20ファイナルエディション

 ちなみに新車価格はレカロシートを装備するフルパッケージで485万1000円となっていたが、現在の中古車市場には価格応談の1台だけが中古車情報サイトに掲載されている。

noteで書く

画像ギャラリー