バブルを謳歌したデートカー御三家「ソアラ」「シーマ」「プレリュード」!「六本木ナンパ戦争」の無敵艦隊だったワケ (1/2ページ)

バブルを謳歌したデートカー御三家「ソアラ」「シーマ」「プレリュード」!「六本木ナンパ戦争」の無敵艦隊だったワケ

バブル時代、国産「デートカー」御三家はガイシャ勢にどう対抗したのか

 80年代から90年代にかけてのバブル期には、遊び人の三種の神器としてクルマがバカ売れした。ガイシャ(当時は輸入車ではなくそう呼んだものだ)では六本木のカローラことE30の2代目BMW3シリーズ、黒限定のサーブ900、メルセデス・ベンツをより身近にしてくれた、現在のCクラスの源流とも言える190E。さらに女子大生が、隣ではなく自分で運転し、キャンバスに通うためにこぞって買い求めたVWゴルフカブリオなどがその代表格だった。

流行語まで生み出した「シーマ」

 しかし一方で、ガイシャに負けじとバブル時代を象徴した、国産モテグルマがあったことを忘れてはいけない。そう、まずは80年代後半のハイソカーブームを制し、「シーマ現象」という流行語まで生み出すほどの大ヒット車となった日産最高級セダンの初代Y31型シーマである。

【関連記事】ロータスを復活させた「エリーゼ」のシャシーは68キロ! 軽さこそ正義の「Mk1」はスパルタン過ぎました

日産シーマ画像はこちら

 ガイシャ勢には3L V6エンジンのパワーで勝負。六本木や赤坂の路上で、3L V6 DOHCターボ、255ps(グロスですが)の迫力で、タイヤを鳴らしてブイブイ言わせることで、そこまでのパワーがないBMW3シリーズやサーブ900、メルセデス・ベンツ190Eを蹴散らそうとしていたのである。

日産シーマ画像はこちら もちろん、全長4890×全幅1770×全高1380mm、ホイールベース2735mmの、セドグロの上級車種ならではのゆとりあるボディサイズだから室内空間はガイシャ勢のライバル!? よりゆったり。エアサスのふわふわした乗り心地、デジタルメーターの目新しさもあって、女子に人気があったことは言うまでもない。

眼のくらむラグジュアリーそのものだった「ソアラ」

 80年代を席巻した初代~2代目のトヨタ・ソアラも、当時、ガイシャに負けない女子人気を誇った、バブル期を象徴するハイソカーの代表格。とくに2800GTと呼ばれる最上級グレードのホワイトボディ(2トーン)は、夜の街にキラキラと輝く美しさと、2ドアクーペならではの流麗なスタイリング、パーソナル感によって、当時のお立ち台女子を含め、持ち帰りやすいクルマとされた。2代目ソアラ画像はこちら シートはソファのような見た目、かけ心地であり、メーターは当時の先端トレンドのデジタルメーター。モテグルマとしてないものはなかったと記憶する。当然、ライバルたるガイシャより速く、ラグジュアリー。コンパクトなガイシャから乗り換える遊び人も多かったようだ。