「超人気グレードはあえて避けましょう」評論家はなぜ断言? 今買っておくべき、資産価値のある「アルファード」はドレ? (1/2ページ)

「超人気グレードはあえて避けましょう」評論家はなぜ断言? 今買っておくべき、資産価値のある「アルファード」はドレ?

この記事をまとめると

  • 国産Lクラスミニバンで人気のアルファード&ヴェルファイア
  • 「資産価値」のあるグレードは一体どれだ?
  • 人気のグレードはあえて避けたほうがいい?

国内販売ランキング上位をキープする人気のアルファード

 ミニバンの人気車種として、トヨタ・アルファードが挙げられる。2021年1〜11月の登録台数は、1カ月平均で8200台に達した。ホンダ・フリードの5900台、トヨタ・ヴォクシーの5800台を大幅に上まわり、ミニバンの最多販売車種になる。コンパクトカーのトヨタ・ヤリス(ヤリスクロスとGRヤリスを除く)が8300台だから、アルファードは国内販売ランキングの上位に入る。

【関連記事】日本で終了のWRX STIの新車がアメリカではまだ売ってる! 国内ファンが泣きたくなる現実の裏にあるものとは

人気のアルファード、買いのグレードは?画像はこちら

 アルファードの売れ筋価格帯は400〜550万円だ。日本車としてはとくに高い部類なのに、好調に購入されている理由は何か。

人気の秘密はクラウン譲りの豪華な内装と高いリセールバリュー

 商品力としては、広くて豪華な室内により、クラウンに代わる新たな高級車の位置付けを獲得した。トヨタの全店が全車を販売する体制に移行したこともあり、人気車のアルファードが売れ行きを伸ばして、姉妹車のヴェルファイアに対する需要を吸収している事情もある。つまり販売体制の変更も、アルファードが売れ行きを伸ばす理由となった。

【関連記事】日本で終了のWRX STIの新車がアメリカではまだ売ってる! 国内ファンが泣きたくなる現実の裏にあるものとは

人気のアルファード、買いのグレードは?画像はこちら

 そして販売店では「アルファードが数年後に高く売却できることも、人気を高めた要因だ」という。前述の通りアルファードは人気車だが、価格が高いから中古車を求めるユーザーも多い。加えて販売店では「アルファードは依然として中古車輸出が活発で、これも買い取り額を高めている」と述べる。人気のアルファード、買いのグレードは?画像はこちら

 そうなるとアルファードを買うときは、グレード選びも大切になる。不人気車を買うと、せっかくアルファードを選んでも、好条件で手放せない心配が生じるからだ。

 そこでアルファードの残価設定ローンをチェックすると、3年後の残価率(新車価格に占める残存価値の割合)は、姉妹車のヴェルファイアも含めてすべて55%だ。一般的には3年後なら43〜50%だから、アルファードでは、グレードを問わず資産価値が高く維持される。

画像ギャラリー