「残クレ」の流行で「いいタマ」が出る! いま中古車を買うなら「5年落ち」が狙い目だった (1/2ページ)

「残クレ」の流行で「いいタマ」が出る! いま中古車を買うなら「5年落ち」が狙い目だった

この記事をまとめると

  • 中古市場のなかでもコンパクトカーがオトクな理由とは
  • モデルチェンジ直後の「型落ち」車種が狙い目
  • 5年落ちで放出されるクルマがオススメ

この1~2年でフルモデルチェンジした「型落ち」モデル

 2022年の中古車購入でトクをしたいなら、コンパクトカーがベストだ。理由の筆頭は、2020年から2021年に掛けて、コンパクトカーの新型車が数多く登場したからだ。「トヨタ・ヤリス」、「ホンダ・フィット」、「日産ノート」、「スズキ・ソリオ」、「トヨタ・アクア」などが刷新された。

中古車市場で一番オイシイのがコンパクトカー

 新型車が発売され、今まで使っていた車両が下取りに出されると(ヤリスは新規投入だが実質的にヴィッツの後継になる)、とくにコンパクトカーは中古車市場の流通台数を増加させる。また従来は現行型として売られていた中古車が、フルモデルチェンジによって先代型になるから、中古車価格は全般的に下がるのだ。

 しかもコンパクトカーは、新車として売られる小型/普通車の40%を占める登録台数の多いカテゴリーだ。そのために中古車を求める顧客数の割に、中古車の流通台数が多い。コンパクトカーはもともと需要に対して中古車供給量が多いため、価格も安くなりやすい。

【関連記事】世界最強を目指してNISMOが仕上げた究極のR34GT-R

3代目ヴィッツは2017年1月のマイチェンで後期型となりハイブリッドも加わった画像はこちら

リセールバリューの低さは買い手にとっては大きな利点

 上記のような理由で、コンパクトカーの中古車価格が安いことは、残価設定ローンの残価率(新車価格に占める数年後の残存価値)を見るとわかる。「ヤリス」は3年後の残価率が41%、SUVの「ヤリスクロス」は52%だから、コンパクトカーのヤリスは値落ちが大きく中古車価格も下がりやすい。

 いい換えればコンパクトカーはリセールバリューが低く、ヤリスは2020年に発売された設計の新しい車種なのに、3年後の残価率は41%に留まる。これは中古車価格が安いことを意味する。

2代目ノートは2016年12月のマイチェンで「e-POWER」が加わっている画像はこちら

画像ギャラリー