「ハコスカ」「ケンメリ」「鉄仮面」何代目かは忘れてもあだ名は覚えてる! 日産スカイラインはなぜ愛称で呼ばれるのか (1/2ページ)

「ハコスカ」「ケンメリ」「鉄仮面」何代目かは忘れてもあだ名は覚えてる! 日産スカイラインはなぜ愛称で呼ばれるのか

この記事をまとめると

  • 個性的なニックネームで呼ばれたスカイライン
  • 分かりやすい愛称がセールスにも好影響を与える
  • 8代目のR32以降は型式の数字で呼ばれている

キャッチコピーが定着した4代目ケンメリと5代目ジャパン

 愛称については、バブル崩壊以降に登場した8代目以降は32(サンニー)/33(サンサン)/34(サンヨン)と型式で語られるが、1989年の8代目が生まれたときはフェアレディZやローレル、セフィーロ、セド/グロなども30型式だったため、区別するためにR32=アールサンニーのようにシリーズ名称を含めて呼ばれるようになり、それ以前のモデルは型式より型式の数字を含めた愛称で呼ばれることが多かったのだ。

 6代目のR30や7代目のR31も現在でこそサンマル、サンイチと型式の愛称が一般的だが、デビュー時はR30が「ニューマン」、R31は「セブンス」とファンの間では呼ばれていた。理由はR30登場時、サンマルといえば初代フェアレディZのS30のイメージのほうが強かったからだろう。

R30型スカイラインハードトップRS

 では、このニューマンやセブンスとは何なのか。前者は6代目のイメージキャラクターであった故ポール・ニューマン氏(アメリカの俳優であり、レーサーとしても数多くの実績を誇る)から与えられたもので、後者は日産が発売当時に付けたキャッチコピー(その名の通り7代目を表す)だ。いずれもスカイラインらしさや魅力、購入欲に訴えかけるイメージ戦略から付けられた愛称で、キャッチコピーについては2代目から現行の13代目まで欠かすことなく名付けられている(※下段参照)。R31型スカイラインGTS-R

 ただし、歴代のキャッチコピーがいずれものファンの心に刻まれたかといえば、さにあらず。ほとんどのモデルについてはすでに忘れ去られていると思うが、数少ないがファンの間で定着した愛称になったものもある。それが4代目のケンメリと5代目のジャパンだ。

性能に頼らず、販売台数伸ばすため広告戦略上のネーミングが愛称に

 ケンメリは排出ガス規制とオイルショックで、高性能エンジンのパワーダウンが免れないと判断した日産が、エンジン性能に頼らず生き延びる方法として画策したライフスタイルに訴えかける「ケンとメリー」キャンペーンが発端。コマーシャルだけでなく、関連グッズまで発売するなど、当時としては画期的な手法を展開していた。

 その戦略が見事に当たり、販売台数だけでなくグッズも大ヒット。その後にコマーシャルソングが発売となるなど、社会現象を巻き起こしたケンとメリーを略した「ケンメリ」の愛称が、ファンのみならず日本中にその名を知らしめることとなった。ちなみに4ドアはヨンメリと呼ばれることもある。C110型スカイライン2000GT--R

 続く5代目もケンメリと同様の戦略が取られ、日本の風土に密着しながら国際的にも通じるクルマをという思いを込めて「スカイライン・ジャパン」のキャッチフレーズが付けられた。これは昨今話題となった日本ハムファイターズの新庄剛志監督がつけた球団スローガン「ファンは宝物」と同じで、簡潔かつ思いを的確に表現したのが功を奏したように思う。耳に訴えかける響きがいい語呂で、ターゲット層に訴えかけるのに重要な役割を果たした。C210型スカイライン2ドアH/T 2000GT-E·S

 また、ケンメリ同様に販売したアパレルグッズも好評で、その後自動車業界では類を見なかった開発責任者(故・櫻井眞一郎氏)がコマーシャルに登場する大胆な戦略を打つなど、話題は尽きなかった。宣伝力(広告戦略)と名呼称で2代続けてスカイラインの強いイメージ付けに成功。ジャパンも販売台数の向上とともに、ニックネームはファンの愛称として定着したのだ(4代目がC110、5代目がC210と3桁型式であったため呼びにくかったのもあると思うが……)。故・櫻井眞一郎氏

画像ギャラリー