生活ヨンクどころか2WDセダンでもOK! アウトドアは「ガチ4WDが必要」という大きな勘違い (1/2ページ)

生活ヨンクどころか2WDセダンでもOK! アウトドアは「ガチ4WDが必要」という大きな勘違い

この記事をまとめると

  • キャンプ場に行くからといって本格4WDが必要というわけではない
  • いわゆる生活四駆のなんちゃってSUVでも十分に性能を発揮できる
  • オススメの車をプロ目線で紹介

生活四駆でも良いが荷物の積載力は不可欠

 今や日本は空前のアウトドアブーム。コロナ禍の影響もあり、大自然のなかで他人との接触機会の少ないアウトドアライフは、これからも一段と人気を増していくことは必至と言える。しかも、アウトドア人口が増えたことで、アウトドアフィールドも激変している。

 つまり、アウトドア初心者やアウトドア女子でも気軽に訪れることができ、無理なくアウトドアが楽しめる環境の整備が進んでいるのである。そう、クルマで行くにしても、タフなクロカン、走破性に優れたSUVでないとたどり着けない……なんていうことはまったくない。

【関連記事】アウトドア派に人気の軽トラ荷台カスタムが進化! システムアップ可能な最新キャリアラックとは

キャンプ場までの道中で悪路は意外と少ない画像はこちら

 それこそ、2WDのセダンでさえ、苦労することなくアウトドアを満喫できる時代になっている。そう、現代のアウトドアではほとんどの場合、”本格4WDは不要”と言ってもいいのである。とはいえ、アウトドアやキャンプでは、それなりの荷物を積み込む必要がある。セダンのトランクでは物足りない場合もあるだろう。

SUVやクロスオーバーSUVの本格4WDを選ぶ必要はない

 さらに、せっかくアウトドアライフをスタートさせるなら、アウトドアに似合うクルマがベターであることも事実。といって、SUVやクロスオーバーSUVの本格4WDを選ぶ必要はない。

 上記のように、アウトドアフィールドへのアクセスは道も整備され、フィールド内にしてもゴリゴリの4WDじゃないと安心して走れない、ということなどないのである。だって、極悪路の先にある本格四駆じゃないとたどり着けないようなアウトドアフィールドやキャンプ場だとすれば、お客さんは限られて商売として成り立たないということだからだ。

【関連記事】アウトドア派に人気の軽トラ荷台カスタムが進化! システムアップ可能な最新キャリアラックとは

キャンプ場にアクセスする一部の区間で砂利道がある程度だ画像はこちら

 よって、本格的な走破性を語るところでは取り上げられない、”なんちゃってSUV”で、ほとんどの場合(急激な天候変化、路面変化は別として)、OKなのである。ただし繰り返すけれど、荷物の積載力は不可欠であることだけは忘れてはいけない。

画像ギャラリー