生活ヨンクどころか2WDセダンでもOK! アウトドアは「ガチ4WDが必要」という大きな勘違い (2/2ページ)

荷物多めのアウトドアにむしろぴったりのクルマ

 例えば、コンパクトミニバンのジャンルにある、ホンダ・フリードの2列シート版「フリード+」、トヨタ・シエンタの2列シート版「FUNBASE 4WD」。このような本格4WD性能はこそ持たないものの、5ナンバーサイズのボディからは想像もできない大容量のラゲッジスペースを備えたクルマで十二分だ。いや、より適していると言えそうだ。

【関連記事】トヨタ「ハイラックス」のキャンパーで「アメリカ放浪」に挑戦! 3度目のチャレンジでなぜ日本車を選んだのか?──米国放浪バンライフ:Vol.01

トヨタ・シエンタ画像はこちら

 また、ソロ、カップルでのアウトドアなら、軽自動車では最低地上高が標準車と変わらない。しかしプラスαとしてのアウトドアテイストあるスズキ・スペーシアギアや、三菱eKスペースクロスのような、スーパーハイト系の“なんちゃってクロスオーバー軽”の後席をフラットに格納した状態でも、もうバッチリなのである。スズキ・スペーシアギア画像はこちら

 そして4WDモデルならそれなりに高い走破性を備えた、なおかつラゲッジスペースの使い勝手、容量に優れたトヨタ・ライズ&ダイハツ・ロッキーの2WD=FFモデル、トヨタ・ヤリスクロスの2WD=FFモデルといった車種でも最低地上高には余裕があるから、ちょっとした悪路なら2WDでも困ることはまずないはず。ダイハツ・ロッキー&トヨタ・ライズ画像はこちら

 しかも、2WDのほうが、ラゲッジスペースがたっぷりしていることも多々あるから、一段と今どきの初心者にありがちな、荷物多めのアウトドアにむしろぴったりという言い方もできたりするのである。