なんちゃってに見られがちな「ラッシュ&ビーゴ」は悪路ガチ勢だった! 時代を先取りしすぎた「本気」SUVの中身とは (1/2ページ)

なんちゃってに見られがちな「ラッシュ&ビーゴ」は悪路ガチ勢だった! 時代を先取りしすぎた「本気」SUVの中身とは

この記事をまとめると

  • テリオスキッドが先祖のトヨタ・ラッシュ&ダイハツ・ビーゴ
  • FFベース4WDが主流になるなかFRベースの本格派として誕生
  • ボディはコンパクトながらも5ドアで使い勝手にも優れていた

小粒だけどピリリと辛いコンパクトSUVがラッシュ&ビーゴ

 いま4WD&SUVが空前の売れ行きを続けている。カーメーカーはこぞってSUVをリリースし、またランドクルーザー300やスズキ・ジムニーのように、オーダーしても納車まで長い期間、待たされるモデルもある。ライフスタイルやレジャー志向の変化、大げさに言えば地球環境の変動によって、4WD&SUVに対するニーズが高まっているのかもしれない。

FFベースが主流のなかFRベースで登場

 ともあれ、そんな今だからこそ注目してみたい4WDモデルが過去にあった。いわば“時代を先取りしすぎたクルマだ。それが「トヨタ・ラッシュ」とその兄弟車の「ダイハツ・ビーゴ」だ。トヨタとダイハツの兄弟SUVというと、現行型ではライズ&ロッキーの間柄を思い浮かべるが、そうラッシュ&ビーゴはそれらの先代モデルと思ってもらえばいいだろう。ではいったい、ラッシュ&ビーゴは何故、時代を先取りしていたと言えるのか? それは、そのユニークなプロフィールにある。

【関連記事】「GT-R」と張り合ったマツダ「ファミリアロータリークーペ」羊狼の心臓は「コスモスポーツ」と同じ2ローターREでした

ダイハツ・ロッキーでキャンプ画像はこちら

 デビューは2006年1月。当時の4WD&SUVといえば、ディーゼル規制法の影響もあって、本格的なオフロード車の販売台数が低迷。代わってガソリンエンジンを積んだクロスカントリー風4WDが、次々に登場するといった状況だった。ラッシュ&ビーゴも、そんなクロスカントリー風4WD(口の悪い人は「なんちゃって四駆」などと呼んだが)として登場した。のちにこの「なんちゃって四駆」はSUVと呼ばれ洗練されていくのだが、ラッシュ&ビーゴはひと味違っていた。

 多くのSUVが横置きエンジンのFF、あるいはFFベースのスタンバイ式4WDを採用するなか、なんと縦置きエンジンのFR、あるいはFRベースのフルタイム4WDを採用していたのだ。

副変速機レスだがしっかりセンターデフを搭載

 ちなみにこの駆動方式はラッシュ&ビーゴの先代モデル、1997年に発表した「ダイハツ・テリオス」(トヨタからは兄弟車として「キャミ」の名で1999年発売)以来、受け継がれたもの。テリオスはのちに発表された軽自動車SUVの「テリオスキッド」をベースに開発され(発売はテリオスが先)、このテリオスキッドこそ、ディーゼル規制法後、本格オフローダーとして注目を集めた「ジムニー」をターゲットに開発されたものだった。アドバンテージは軽自動車のSUVなのに5ドアを採用したこと。ダイハツ・テリオスキッド画像はこちら

 ただ、このラッシュ&ビーゴにも採用された4WDシステムには、本格オフロード4WDのような副変速機、いわゆるローレンジが省かれていた。しかし、日本でこの手の4WD車に乗るユーザーにローレンジって本当に必要だったのか? という疑問はさておき、ラッシュ&ビーゴのフルタイム4WDはセンターデフロックが備えられ、林道や川原、そして雪道でさえ安心の走りを提供してくれた。トヨタ・ラッシュの4WD性能画像はこちら

 おまけに当初からオプションでVSC(ビークル・スタビリティ・コントロール)&TRC(トラクション・コントロール)という、駆動力を電子制御するデバイスも用意されていたので(のちに全車標準装備に)、場合によっては当時のジムニー以上の安定した走破性を見せてくれた。居並ぶSUVたちのなかにあっても、走りそのものを楽しめるなかなか硬派な存在だったのである。

画像ギャラリー