なんちゃってに見られがちな「ラッシュ&ビーゴ」は悪路ガチ勢だった! 時代を先取りしすぎた「本気」SUVの中身とは (2/2ページ)

5ドアのユーティリティ性の高さも評価したいポイントだった!

 残念ながらラッシュ&ビーゴは2016年3月に販売が終了。後継モデルはFFベースのSUVであるライズ&ロッキーとなった。しかし考えれば考えるほど、ラッシュ&ビーゴはイカした四駆だった! たとえばまだ現役モデルなら、ジムニーシエラの最大のライバルになったのではないだろうか? 1.5Lガソリンエンジン、安定感の高い4WDの走り、5ナンバーサイズのボディパッケージは両者共通。もちろん、本格的なオフロード走行では前後リジッドサス+副変速機付きのシエラに譲るところだし、カスタムパーツの多さでも適わないかもしれない。

【関連記事】総数72台の歴代「ジープ」が集結! 「ウィリス」から「ラングラー」までそろった「ジープジャンボリー」のアウトドアな1日とは

ダイハツ・ビーゴ5ドア画像はこちら
 しかし、なんと言っても5ドアのユーティリティ性能は大きなアドバンテージ。実際、オフロード好きの友人に、老親や孫の送り迎えをしなければならないからとシエラよりラッシュを選んだ者もいる。ローレンジなんて使わないだろうし、フロントが独立式サスペンションだから普段の乗り味もいいよと、私が薦めたこともあるのだが。

 岩場や泥沼といったオフロードをガンガン攻めるわけでもない、大金をかけてカスタムを楽しむわけでもない。ならばラッシュ&ビーゴ、4WDライフやアウトドアライフの、頼もしい相棒になってくれると思うのだが……。