ド派手な修正舵に憧れちゃダメ! 上級者こそ地味でスムースなハンドル捌きだった

ド派手な修正舵に憧れちゃダメ! 上級者こそ地味でスムースなハンドル捌きだった

この記事をまとめると

  • サーキット走行中の修正蛇はタイヤにとって仕事のしにくい状況でしかない
  • 理想は一発で舵角を決めて戻す
  • 修正蛇が必要なときはアクセルワークでカバーする

アクセルコントロールで微調整するのが上級者

 必然的にコーナリングスピードも低下するし、限界が下がったうえに、クルマが不安定になるのでスピンの原因にもなりやすい。そういう意味では複合コーナーを別にして、コーナーにおける理想的なハンドルさばきは、「一発で切って、一発で戻す」これに尽きると言っていい。コーナーリング中に修正蛇をあてない

 人間だって、彼女や彼氏に振り回されるのは勘弁してほしいと思うように、タイヤだって(ハンドルを)切るなら切る、戻すなら戻す、とはっきり意思を伝えてくれた方が仕事がやりやすいし、機嫌もよくなるというもの。

 ましてクルマは1トン以上もある重たい物体なので、慣性も大きい。修正舵が増えるとその慣性の影響も大きくなってどんどん不安定になるため、いいことはひとつもない。したがってハンドルは早いタイミングから少しずつ切り足し、最大舵角に達したらクリップ付近までその舵角をキープし、加速開始と同時に徐々にハンドルを戻す。アンダーもしくはオーバーが出そうになったら修正舵ではなく、アクセルコントロールで微調整するのが上級者だ。コーナーリング中の修正蛇は良くない

 つねにタイヤの身になって、「一発で切って、一発で戻す」ハンドルさばきをマスターできるよう鍛錬しよう。一般道や高速道路を走るときにも意識するのが上達への道。公道でも修正舵の多い人の隣に乗ると、クルマ酔いしやすいものだ……。

画像ギャラリー