クルマを文化する
REAL CAR CULTURE

AUTO MESSE WEB

クルマを文化する
REAL CAR CULTURE

AUTO MESSE WEB(オートメッセウェブ)

  • TOP
  • CUSTOM
  • 純正至上主義に待った! カスタムするつもりじゃなくても「社外部品」に目を向けるべき理由
CUSTOM
share:

純正至上主義に待った! カスタムするつもりじゃなくても「社外部品」に目を向けるべき理由

投稿日:

TEXT: 加茂 新 PHOTO: ニスモ/Auto Messe Web

純正部品が大幅に値上がりし社外品の方が得な場合も

 とくにクルマが古くなると、毎年純正部品が値上がりし続けていくことが多い。気がつくと、純正部品がえらい値段になっていることも珍しくない。某メーカーでは例年1.1倍に値上げすることが多いが、昨年値上げした部品が1年後にさらにそこから1.1倍になるので、2年で1.21倍に、3年で1.33倍になる。生産終了から10年ほど立つと2倍以上になっていることも珍しくない。

 筆者もS15シルビアに乗っているときのこと。S15とはいえ、生産から15年が経過して、エンジン&ミッションマウントを交換しようと思い純正部品を発注。どうせ純正マウントなんて1個3000円くらいで、それが3つなので、1万円ほどの予定だった。(下記写真はRB26エンジン用)

RB26用エンジンマウント

 ところが、値段も確認しないで届いた純正マウントは3つで3万円を軽く超えていた。となると、当時はほとんど値上げしていなかったNISMOの強化マウントの方が安かったのである。マウントを強化したかったわけではないが、安いのであればNISMOでも良かったかもと思った次第。ちなみに現在はNISMO製も値上げされていて、3つで5万4000円(税別)になっているわけだが、純正マウントも4万円を超えているという。

 ほかにもラジエーターやブレーキパッドなど、純正パーツ同等の性能を持ちながら、遥かにリーズナブルで信頼性も高い部品が豊富に流通している。自動車メーカー系ディーラーでは扱いが少ないかもしれないが、整備工場やショップではそういったパーツも積極的に扱っている。ジェネリック医薬品のようなイメージなので、主治医(整備工場)にジェネリック(社外品)希望と伝えてみるといいだろう。

1 2
  • クスコのNEW SRシリーズ
  • 純正形状サスのイメージ
  • R32純正マフラー
  • RB26用エンジンマウント
すべて表示
  • 加茂 新
  • 加茂 新
  • チューニングライター。1983年生まれ。父が初代VWゴルフ、シトロエンBX、ZXなどを乗り継いでいた影響で16歳で中型バイク(ZRX400)を購入し、大阪芸大時代にAE86を購入。卒業後はチューニング&ドラテク専門誌を15年間製作し(約2年の編集長を含む)、数多くのレースにも参戦。2021年春よりフリーランスとなる。過去には180SX、S15、NA8、SCP10、86前期&後期を所有。現愛車はAE86、GR86、ZC33Sスイフトスポーツ、CBR954RR。
著者一覧 >

CAR ranking

RECOMMEND

MEDIA CONTENTS

MEDIA CONTENTS

ranking

AMW SPECIAL CONTENTS