クルマを文化する
REAL CAR CULTURE

AUTO MESSE WEB

クルマを文化する
REAL CAR CULTURE

AUTO MESSE WEB(オートメッセウェブ)

  • TOP
  • CUSTOM
  • 愛車を維持する生命線は「純正部品」! 今絶対に買っておくべき部品、買わなくても大丈夫な部品の「境界線」とは
CUSTOM
share:

愛車を維持する生命線は「純正部品」! 今絶対に買っておくべき部品、買わなくても大丈夫な部品の「境界線」とは

投稿日:

TEXT: 藤田竜太 PHOTO: NISMO/Auto Messe Web

  • GT-R用のエンジンハーネス
  • R34GT-Rの純正ホイール
  • R34GT-Rの純正シート
  • GT-Rの純正サスペンション
  • R34GT-Rの純正アルミペダル
  • ニスモのR32GT-R用フロアマット
  • 純正シートのヤレ
  • R34GT-Rの傷んだ純正ハンドル
  • R34GT-Rの傷んだシフトノブ
  • R32GT-Rの劣化したドアハンドル
  • 純正シートのヤレ

欲しいと思ったときは製造廃止になっていることも……

 一台のクルマを20年、30年通り続けるために欠かせないのが純正補修部品。自動車メーカーも日常維持するために必要な部品は、なるべく供給を絶やさないように努力してくれてはいるが、それでも年々製造廃止(以下、製廃)になっていくパーツは多い。とくに内装関係(トリム類)や、限定車専用部品などの打ち切りは早い……。

 オリジナルの状態にこだわりがある人なら、新車装着時のパーツが元気なうちにあえて社外品へ交換し、純正パーツを温存しておくというのもひとつの手だ。

インテリアパーツは早々に製造廃止となる可能性が高い

 例えばまずシート。スポーツモデルなどの純正セミバケットシートはなかなかよくできていて、使い心地がいいものも多いが、製廃になりやすい部品のひとつ。大事にとっておきたければ、純正品が劣化する前にレカロやブリッドなどの社外品に換えてとっておいてもいいかもしれない。

R34GT-Rの純正シート

 あとはステアリング。本革のステアリングは手との摩擦に加え、直射日光や夏の高温などの影響もあり、やがて表皮が痛んでくる。痛んだ場合、本革を張り替えるというリフレッシュもできるが、普段は社外品のステアリングを使って保存しておくという方法も。

R34GT-Rの傷んだ純正ハンドル

 シフトノブやシフトブーツも同様だ。ホンダのタイプRシリーズのように、チタン製のシフトノブなら半永久的に使えるが、本革製は寿命がある。シフトブーツもいずれ破れてくる運命にあるが、これは製廃になる前にスペアを確保しておいた方がいいかもしれない。

R34GT-Rの傷んだシフトノブ

 またペダルのゴムなども、ロゴが入っているものだったら、アルミのカバーを付けたり、スペアを用意しておいたりしたいところだ。

R34GT-Rの純正アルミペダル

スペアを確保しておくと安心なパーツも多い

 内装以外では、純正ホイールはとっておきたい。オリジナルの仕様、無改造らしさをアピールするなら、純正ホイールはけっこう重要。これも普段は社外のホイールを履かせておいて、ここぞというときに純正ホイールへ履き替えると注目度が上がるかも!?

R34GT-Rの純正ホイール

 純正のリップスポイラーもクルマの表情に影響する部品なので、温存候補に。意外なところでは、純正のダンパーとスプリングも。のちのちノーマルはどんな味付けだったのかを検証したくなったとき、純正サスは欠かせない。車高調などを入れたとしても、純正サスを保管しておくと役立つ日が……。

GT-Rの純正サスペンション

1 2

CAR ranking

RECOMMEND

MEDIA CONTENTS

MEDIA CONTENTS

ranking

AMW SPECIAL CONTENTS