クルマを文化する
REAL CAR CULTURE

AUTO MESSE WEB

クルマを文化する
REAL CAR CULTURE

AUTO MESSE WEB(オートメッセウェブ)

  • TOP
  • CLASSIC
  • 「クルコン」「エアコン」「パワステ」はじつは昔から存在! 国産初搭載車はもはやクラシックカーだった
CLASSIC
share:

「クルコン」「エアコン」「パワステ」はじつは昔から存在! 国産初搭載車はもはやクラシックカーだった

投稿日:

TEXT: 近藤暁史 PHOTO: 日産自動車/ホンダ/自工会/Auto Messe Web

ラジオ/オーディオ:初代トヨタ・クラウン(1955年)

 車内でラジオを聞きたいという声はかなり昔からあって、社外品としてはクラリオンの「ル・パリジャン」というのが日本初のカーラジオ。初めて純正装着されたのは1955年の初代クラウンとなる。メーカーは富士通テン(現在はデンソーテン)で、真空管式だったのを1959年には全製品でトランジスタ化している。これも日本初だ。またクラリオンは1963年のFM放送開始を受けてステレオラジオを発売し、1968年にはカセットテープデッキも市販化している。

初代クラウンの外観

クルーズコントロール:トヨタ・クラウンエイト(1964年)

 1964年のクラウンエイトにオートドライブの名称でオプション設定されたのが日本車での最初。ダイヤルを回すことで速度を調整できて、その範囲は50〜120km/hだった。

クラウンエイトの外観

1 2
  • 初代クラウンの外観
  • 初代クラウンのフロントスタイリング
  • 初代クラウンの正面
  • グランドグロリアの展示イメージ
  • 初代シビックのリヤイメージ
  • クラウンエイトの外観
  • 初代プレジデントのフロントスタイリング
すべて表示

CAR ranking

RECOMMEND

MEDIA CONTENTS

MEDIA CONTENTS

ranking

AMW SPECIAL CONTENTS