クルマを文化する
REAL CAR CULTURE

AUTO MESSE WEB

クルマを文化する
REAL CAR CULTURE

AUTO MESSE WEB(オートメッセウェブ)

  • TOP
  • CUSTOM
  • たかが棒1本がクルマを激変させる! 「タワーバー」装着がもたらす効能とは
CUSTOM
share:

たかが棒1本がクルマを激変させる! 「タワーバー」装着がもたらす効能とは

投稿日:

TEXT: 佐藤 圭(SATO Kei)  PHOTO: Auto Messe Web

雨の日は外すといった手段もよく使われる

 もっともタワーバーは装着するだけでタイムアップ、といった類のチューニングパーツではない。ロールケージやスポット増しでガチガチに補強したボディなら曲がらないネガな部分ばかりが顔を出すかもしれないし、雨など路面のコンディションが悪くタイヤのグリップを稼ぎにくい状況では、あえて取り外すのもサーキットでは常套手段だ。つまり車高調と同じく本領を発揮させるには、状況に応じたセッティングが必要ということ。

社外タワーバー装着車

 ちなみに純正でタワーバーが採用されていないミニバンやSUVでも、乗り味やステアリングのレスポンスに不満を感じているなら、アフターパーツを導入する意味は十分すぎるほどある。とくに走行距離が増えボディ剛性が落ちたクルマなら、タワーバーひとつで動きが見違えることも珍しくない。

12
  • 社外タワーバー装着車
  • WRXのタワーバー装着イメージ
  • チタンタワーバー装着車
  • タワーバー交換のイメージ
すべて表示
  • 佐藤 圭(SATO Kei)
  • 佐藤 圭(SATO Kei)
  • 1974年生まれ。学生時代は自動車部でクルマ遊びにハマりすぎて留年し、卒業後はチューニング誌の編集部に潜り込む。2005年からフリーランスとなり原稿執筆と写真撮影を柱にしつつ、レース参戦の経験を活かしサーキットのイベント運営も手がける。ライフワークはアメリカの国立公園とルート66の旅、エアショー巡りで1年のうち1~2ヶ月は現地に滞在。国内では森の奥にタイニーハウスを建て、オフグリッドな暮らしを満喫している。
著者一覧 >

 

 

 

 

 

 

RECOMMEND

MEDIA CONTENTS

WEB CONTENTS

 

 

 

 

 

 

人気記事ランキング

MEDIA CONTENTS

WEB CONTENTS

AMW SPECIAL CONTENTS