クルマを文化する
REAL CAR CULTURE

AUTO MESSE WEB

クルマを文化する
REAL CAR CULTURE

AUTO MESSE WEB(オートメッセウェブ)

  • TOP
  • CAR
  • 高齢者家族がいるなら乗降性は何より大切! 乗り降りラクチンな「福祉車両じゃない」クルマ5台
CAR
share:

高齢者家族がいるなら乗降性は何より大切! 乗り降りラクチンな「福祉車両じゃない」クルマ5台

投稿日:

TEXT: 青山尚暉 PHOTO: Auto Messe Web

ダイハツ・タント

 リヤスライドドアの開口部の広さでは、ダイハツ・タントが優秀だ。Bピラーレスのミラクルオープンドアによって、体が室内に向かって真っすぐの姿勢で乗り降りが可能。ワンステップフロアのステップ地上高は370mmと、例えばスズキ・スペーシアの345mm(クラスで最も低い)よりは高めになる。

タントの走り

 BピラーレスのためBピラーのアシストグリップが装備されないものの、ラクスマグリップという助手席シートバックにも取り付けられる、握りやすい形状のアシストグリップがオプションで用意されている。これをプラスすることでミラクルオープンドアの乗降性をさらに高め、高齢者にもうってつけなのである。

らくスマグリップの助手席側

 そして何と言っても、後席のフロアから座面先端までの高さ=ヒール段差が360mmとクラスでもっとも高く設定(スペーシアも360mm)されているため、腰を下ろすのも、立ち上がるのも比較的楽なのである。

トヨタ・ポルテ

 新車じゃなくても、できるだけリヤドアからの乗降性に優れたクルマを探したい……というなら、2012年から2020年まで製造されたトヨタのプチバン、2代目ポルテがいい。

ポルテの外観

 ウェルキャブとしても重宝された、初代同様に助手席側大開口スライドドア、助手席ロングスライド、低くフラットなフロアが特徴で、その助手席側パワースライドドア部分のステップ地上高は世界の乗用車でもっとも低かった、ノンステップバスの乗降車時と同じである驚異の300mm。

ポルテの車内

 スライドドア部分の高さも1250mmと高く、乗降時の空間幅は助手席を前端までスライドさせると690mmという広さになる!! さらに、スライド機構こそ持たない後席のヒール段差は、最新のノア&ヴォクシーと同じ370mmと異例に高く、まさにユニバーサルデザインをちりばめた1台なのである。

1 2
  • タントのスライドドア開閉イメージ
  • スライドドア車のイメージ
  • アシストグリップ
  • 便利なステップ
  • 新型ノア
  • 子どもの乗り降り
  • ソリオの外観
  • ソリオのリヤシート
  • トヨタシエンタの外観
  • シエンタのインテリア
  • タントの走り
  • らくスマグリップの助手席側
  • ポルテの外観
  • ポルテの車内
すべて表示

CAR ranking

RECOMMEND

MEDIA CONTENTS

MEDIA CONTENTS

ranking

AMW SPECIAL CONTENTS