四駆王国のスバルは悪路最強! 100万円以下で狙えるキャンプ御用達車3選 (2/2ページ)

安心のセーフィティ装備と豊富なラゲッジが自慢
「アウトバック(BR型)」

 スバルはレガシイで名を馳せたワゴンメーカーだった時代もあり、レガシィツーリングワゴンが一世風靡。そしてそのクロスオーバーモデルであるアウトバックもスバルらしい1台だ。新車の販売台数はそう多くなかったため、中古車も台数は限られるものの、100万円以下の予算であれば、年式の上限は2012年モデル、つまり4代目BR系が狙える。

【関連記事】電動化してでも後継モデルが見たい! こだわりの四駆制御や2ペダル化など進化し続けた「ランエボ」の軌跡

BRアウトバックのフロントスタイル画像はこちら

 このBR系アウトバックは、2010年のマイナーチェンジでアイサイトがVer.2に進化。2012年のマイナーチェンジではフロントフェイスやメーターパネルを一新するなどの改良が施されている。全車AWD搭載で最低地上高にも余裕があり、悪路、雪道の走行も安心・安全。ワゴン基準のラゲッジルームの容量、使い勝手も文句なしと言っていい。

コンパクトながら余裕たっぷりの積載性を両立
「XV(GP型)」

 だが、自宅の駐車場やよく行く駐車場事情で、全高制限のある人であれば、SUVの選択は困難だ。そこでお薦めしたいのがスバルXV。ベース車はインプレッサスポーツで、その車高を高めたクロスオーバーモデルというキャラクター。全高は1550mmと立体駐車場への入庫も容易だ。予算100万円以下で手に入るのは2012年から2017年まで販売された2代目GP系。じつは現行XVとかなり似ていて、型落ち感が最小限なのも狙い目となる理由のひとつ。インプレッサにFF/AWDが用意されていたのに対して、こちらはスバル自慢のAWDのみの設定なので、走破性の高さも魅力である。もちろんアイサイトVer.2(2.0iは非搭載)が採用され、後期型ではVer.3に進化している。GP型XVのフロントスタイル画像はこちら

 アウトドアの荷物の積載で気になるラゲッジルームは当時のインプレッサスポーツと同じで、開口部地上高690mm(段差350mm)、フロア奥行き980mm、フロア幅1060~1380mmと、幅方向の余裕がポイント(※ミッドサイズSUVでも1000mm前後)。後席を格納すれば最大奥行きは1860mmに達し、コンパクトクロスオーバーとは思えない荷物の積載力を誇る。GP型XVのラゲッジルーム画像はこちら

画像ギャラリー