ジムニーは純正アクセサリーで数倍楽しくなる! アウトドア派なら買うべき4つのアイテムとは (1/2ページ)

noteで書く
ジムニーは純正アクセサリーで数倍楽しくなる! アウトドア派なら買うべき4つのアイテムとは

この記事をまとめると

  • 現行型ジムニーの純正アクセサリーからアウトドア派にお勧めのアイテムを紹介
  • カータープがあると車外リビングスペースとして活用できる
  • 車中泊の際に車内に収まらない荷物の対策

車中泊&キャンプ用ギアも充実しているジムニー

 現行型「スズキ・ジムニー」の新車は、マニアの間で争奪戦とも言える人気ぶりだ。生産台数がそれほど多くなく、その他モロモロの生産事情もあって、納期には時間がかかる1台。すでに乗っている、あるいはこれから新車を買おうとしている人で、アウトドアや車中泊も楽しみたいと思っているなら、まずはスズキ純正アクセサリーをチェックしたい。クオリティの高さ、ジャストフィットする仕立ては純正ならではと言っていい。

ラゲッジマット

 まず、揃えたいのは、ラゲッジルームにアウトドアグッズをガンガン積み込む際のキズや汚れを防いでくれる「ラゲッジマット(バンパーカバー付)」、または「ラゲッジマット(フルカバー)」だ。どちらも撥水タイプで汚れに強く、汚れてもサッと拭くだけでOK。ポイントはバンパーカバーが付いているところで、不用意にアウトドアの荷物を出し入れした際、ラゲッジルームのフロアはもちろん、リヤバンパーのキズ付きを防いでくれるところ。

【関連記事】イマドキのキャンプなんてセダンでも行ける……と思ったが「やっぱりSUVでよかった」と感じたエピソード3つ

荷物の出し入れでもクルマを守る画像はこちら

リラックスクッション

 それを基本として、ジムニーに用意された豊富な純正アクセサリーのなかで、アウトドア&車中泊向けアイテムとしては「リラックスクッション」と呼ばれる、使わないときにはロール状にクルクル丸めてコンパクトに収納できる、車中泊用のマットレスはマストと言える。サイズは全長210cm×幅54cm×厚さ2cm。つまり、シートアレンジによって、身長180cm程度の人でも横になれるマットレスというわけだ。

丸めて収納可能画像はこちら

プライバシーシェード

 が、マットレスを敷いただけでは完璧ではない。そう、車中泊では外からの干渉も気になるところ。そこで「プライバシーシェード(メッシュ付)」である。ただサイドウインドウ部分を覆ってくれるだけでなく、フロントガラス、フロントドアガラス左右、リヤクォーターガラス左右、バックドアガラスの6点セットとなり、もちろんジムニーにジャストフィット。遮光生地を使用し、窓ガラスを開けて網戸のように換気ができるメッシュ部分もある仕様だから、さらに快適な車中泊が可能になる。

プライバシーを守る画像はこちら

noteで書く

画像ギャラリー