どうみてもフォーミュラカーなのにナンバー付き!? イギリスの「アリエル・アトム」の「ありえなさ」に笑う (2/2ページ)

シビックタイプRエンジンを積んでスペックの怪物に進化

 しかしアリエル・アトムの進化を決定づけたのは2003年、何といっても「ホンダ・シビックタイプR」の「K20A」エンジンを採用したことだろう。「アトム2」と呼ばれたこの世代はNA仕様で220ps、スーパーチャージド仕様では300psに達した。まだこの世代のホンダVTECはアクセルがバイワイヤ化されておらず、ロードゴーイングカーにあるまじきキレ味鋭すぎなレスポンスで話題になった。

【関連記事】電動化してでも後継モデルが見たい! こだわりの四駆制御や2ペダル化など進化し続けた「ランエボ」の軌跡

ホンダのK20Aエンジンを積んだ「アトム2」画像はこちら

 2007年登場の「アトム3」ではエンジンがシビックタイプRの進化に合わせて「K20Z4」となり、出力はNA版が245ps、スーパーチャージャージド版が305psとなったが、数年後にはNA版を275psまで磨いた「無限」チューンのM-TEC版が10台限定で登場。0-100km/h加速は2.9秒と、ブガッティ・ヴェイロンらに比肩する数値を誇った。

無限バージョン画像はこちら

 また、ほぼ同時期にスズキ・ハヤブサの直4×2基をベースにV8化してボアアップした3L・475psエンジンに、フランスでラリーカーなどに用いられる「SADEV」製シーケンシャル6速トランスミッションを組み合わせた、「アトムV8」も登場。こちらに至っては最高速度も270km/hを謳い、超コンパクトなV8パワートレインも手伝って車重はわずか550kgに抑えられたため、0-100km/h加速は驚異の2.3秒。1.16kg/ps弱というバイクのスーパースポーツ・モデルのようなパワーウェイトレシオに、世界中のスペックおたくが震撼した。

0-100km/h加速2.3秒を実現した「アトムV8」画像はこちら

少数ながら日本にも輸入されて走っている

 その後も、「アトム3.5」、「アトム3.5R」とタイプRエンジンをベースにECUやフレーム剛性の見直しが図られ、現行モデルは2018年に登場した「アトム4」。パワートレインのスぺックはシビックに準ずる320ps/420Nmだが、シャシーはサスペンションのジオメトリー設計を含め、CE規格つまり欧州大陸でのクラッシュテストに通すために全面的に刷新されている。

 ブレグジットで欧州大陸での型式認証はやや難しくなったところはあるようだが、年産100台ほどの少量生産メーカーなのでCO2課税と同様、何らかの特別措置は講じられる可能性はゼロではない。電動化もウワサされたが、原点からしてライトウエイトスポーツカーでその最進化形であるアリエル・アトムは、このまま突っ走るのだろう。

現行「アトム4」は320psのホンダK20Cエンジンを積み車重595kg画像はこちら

画像ギャラリー