100年の歴史が終わってしまった伝説のカロッツェリア! ベルトーネの斬新すぎるコンセプトカー6台 (2/2ページ)

ランボルギーニ・ブラボー

 ランボルギーニ・ブラボーは、ウラッコをベースとしたコンセプトカーだ。1974年のトリノ・ショーで発表された。

【関連記事】800馬力オーバーの怪物マシンもある! V8の雄叫びと強烈な加速が味わい尽くせるアメリカンマッスルカー5選

ベルトーネが生み出したコンセプトカー画像はこちら

 ホイールアーチやリヤクオーターのデザイン処理は、ベルトーネ作品における傑作のひとつであるカウンタックに通じるものがある。リヤエンジン上のルーバーは24個もあり、冷却効果を高めていた。ブラボー用マグネシウムホイールは新しくデザインされたもので、のちにカウンタックLP400Sにも採用された。ベルトーネが生み出したコンセプトカー画像はこちら

フェラーリ・レインボー

 フェラーリ レインボーは、直線基調のシャープなラインを特徴とするベルトーネのコンセプトカーである。1976年のトリノ・ショーでデビューした。フェラーリ 308レインボーとも呼ばれ、その名の通り、ベルトーネがデザインしたフェラーリ308GT4がベースだった。ベルトーネが生み出したコンセプトカー画像はこちら

 レインボーとは「晴れでも雨でも」の意味で、晴れの日には金属製のルーフをシートの背後に立てて収納することができた。車体前部に配された硬質ゴムが衝撃を吸収するようになっており、これがバンパーの役割を果たしていた。ベルトーネが生み出したコンセプトカー画像はこちら

アルファロメオ・ナヴァホ

 アルファロメオ・ナヴァホは、1976年のジュネーブ・ショーで発表され、大きな話題を呼んだベルトーネの意欲作。ベースとなったのは、カラボと同じようにアルファロメオ ティーポ33/2ストラダーレだ。当時最先端のエアロダイナミクスを積極的に取り入れながら、未来のクルマのプロポーションを模索していた。ベルトーネが生み出したコンセプトカー画像はこちら

 前端と後部にあるエアスポイラーはコンピューターで角度が自動調整され、リトラクタブルヘッドライトはフロント部の側面から出てくる仕組みだった。ナヴァホとは、アメリカ・インディアンの一部族の名前である。ベルトーネが生み出したコンセプトカー画像はこちら

 日本では、「ラ・カロッツェリア・イタリアーナ ’77」という往時のイベントで、マルツァル、ブラボー、レインボーとともにナヴァホが展示されていた。もしかするとベテランの自動車趣味人の方々は日本国内で実車を見たことがあるかもしれない。筆者は1971年生まれだが、残念ながら「ラ・カロッツェリア・イタリアーナ ’77」には行けなかった。しかし、大人になってからミラノにあるアルファロメオ博物館を訪問し、ナヴァホのディテールを隅々チェックしてきた日のことを、いまでも鮮明に覚えている。ベルトーネが生み出したコンセプトカー画像はこちら

 カラボ、ストラトス ゼロ、マルツァル、ブラボー、レインボーについても、いつの日か実車を見てみたいと思っている。今後、各コンセプトカーの保管場所に行くチャンスがあれば……と願うばかりだ。

画像ギャラリー