マスタングに倣った日本のスペシャリティカー! フルオーダーシステムが圧巻の初代セリカとは (1/2ページ)

noteで書く
マスタングに倣った日本のスペシャリティカー! フルオーダーシステムが圧巻の初代セリカとは

この記事をまとめると

  • 日本のスペシャリティカーとして1970年に登場したトヨタ・セリカ
  • マスタングからヒントを得て開発が進められた
  • 若いユーザーから注目を集めた1台

若いユーザーが親のクルマじゃない自分のクルマとして乗れた

 トヨタから初代セリカが登場した1970年というと、大阪万博が開催された年だ。筆者は親に連れられ羽田からJALのダグラスDC−8で空路にて大阪入りし(まったく余談だがそのときの機内食で出たサンドイッチに挟んであったピクルスが塩っぽく、以来敬遠するようになった)、この目で万博を見てきた世代だ。1970年といえば、まさしく新時代の幕開けムード一色で、クルマの世界も、1960年代とは一夜明けて様相が一変した……そんな印象があった。

 まさしくそんな1970年12月に登場したのが初代セリカ。言われているように(と書くときには渋々、常套句のような説明に入ろうとするときなのだが)セリカは日本で言うスペシャルティカーの元祖で、その元を辿れば1964年にフォードから登場したマスタングに辿り着く。

【関連記事】大ヒット狙いのメーカーの自信作……のハズがアレ? 目論見ハズれた平成の不人気車5選

トヨタ・セリカ(初代)を振り返る画像はこちら

 マスタングのようなクルマはアメリカでは乗馬の入門用の小型の馬の意味をもつ“ポニーカー”と呼ばれ、若いユーザーにも手が届き扱いやすい手ごろなスポーツカーとして人気を博した。

 そのことに影響を受けたトヨタが、同じように、セダンなどのバリエーションがない単独のモデルとして作ったのがセリカで、そういうクルマがつまり元々のスペシャルティカーだったというわけだ。なおセリカには同じコンポーネンツから同時に誕生した、いわば兄弟車のカリーナがあったが、こちらはセダンとハードトップのオーソドックスな構成だったことはご承知のとおり。トヨタ・セリカ(初代)を振り返る画像はこちら

 ところでセリカは、スペシャルティカーだったマスタングのことをいろいろと倣った。1973年に追加設定されたリフトバック(LB)のリヤクオータービュー(とテールランプのデザイン)が、マスタングのファストバックのスタイルを連想させる要素のひとつ。トヨタ・セリカ(初代)を振り返る画像はこちら

フルチョイスシステム=トヨタではデイリー・オーダー・システムと呼ばれていた

 さらに枕詞的につねに説明で語られる“フルチョイスシステム”も、じつはマスタングの方式を踏襲したものだ。マスタングは確か市場調査からこの方式を編み出したのだったが、セリカはその方式を踏襲したというわけだ。

 今回、編集部・担当Yさんの手元に、何とこのフルチョイスシステムが4つ折りの見開きで一覧できるページの載った貴重な当時のカタログがあるという。初代セリカをご紹介するときに1番お見せしたかったページだったので、1にも2にもなく写真にして載せておいてもらうことにした。

【関連記事】大ヒット狙いのメーカーの自信作……のハズがアレ? 目論見ハズれた平成の不人気車5選

トヨタ・セリカ(初代)を振り返る画像はこちら

 筆者の手元で発掘済みだったのはLBが加わってからのカタログ以降だが、フルチョイスシステムは続行されており、文面でも“2つの斬新なスタイリング”に加え、“7タイプのエクステリア、7+3タイプのエンジン、3+3タイプのミッション、15タイプのエクステリアetc驚くほどのフルチョイスが可能です”と紹介されている。トヨタ・セリカ(初代)を振り返る画像はこちら

 ポイントは同じグレードでもエンジンやトランスミッションだけでなく、内装もいくつものパターンが用意されていた。たとえば同じ“カスタム”でもステアリングホイールが木目か黒か黒の本革巻きか、メーターパネルも木目かアルミフィニッシュかシルバーグレーか……といった具合に選べたりした。トヨタ・セリカ(初代)を振り返る画像はこちら

 ほかに外観ではサイドストライプの色が選べたり、エンジンでは同一機種でハイオク仕様とレギュラー仕様があったり……と、まさに星の数ほどのパターンになったはず。この方式の実現のため、トヨタでは“デイリー・オーダー・システム”と呼ぶ、1日ごとに受注車両の情報を集計し、組み立て順序計画を作りボディ工場に指示、各工程に生産指示を出す方式を採用。

 驚いたことに、それまでのオーダー方式に対し、受注から納車までの日数を最大で半分程度にまでに短縮していたのだという。だだし商談時間を長引かせるなどの弊害も生じたことから、その後、量販車種と少量販売の仕様の両方に対応する方式へと“改善”された。

noteで書く

画像ギャラリー