悪あがきは被害拡大に繋がる! クルマでスピンしたら「止まるまでフルブレーキ」が鉄則だった (1/2ページ)

悪あがきは被害拡大に繋がる! クルマでスピンしたら「止まるまでフルブレーキ」が鉄則だった

この記事をまとめると

  • サーキット走行中にスピンをしたらブレーキを踏み続ける
  • 余計な動作はガードレールに衝突してしまう恐れも
  • 適切な対処方法をお伝えする

「スピンしたら、止まるまでフルブレーキ」

 運動エネルギーは速度の二乗に比例するので、とにかくブレーキを強く踏んで、速度を1km/hでも落とすことに専念する。そして肝心なのは完全停止するまでブレーキを全力で踏み続けること。これを怠ると、スピンが収まった瞬間、クルマが反対方向に動き出して、後続車と接触したり、ガードレールと仲良くなることがよくあるからだ。ルノーメガーヌがスピンをしかけている

 したがって、スポーツ走行を楽しむ人は、「スピンしたら、止まるまでフルブレーキ」と呪文のように何度も唱え、頭にたたき込んでおいてほしい。

 しかし、知識として覚えただけでは、いざというときなかなか実践できないのも事実。本人は懸命にブレーキを踏み続けているつもりでも、端から見れば「全然足りない」ことは日常よく目にする光景なので、ジムカーナ場などで開催されるドライビングスクールなどを積極的に活用し、身体で覚えてしまうのが肝心。ブレーキを踏んでいる様子

 本当の意味でのフルブレーキ(直線でOK)と、このスピンモードのときのフルブレーキさえ身につけば、スポーツ走行におけるリスクはかなり軽減される。また、公道でのアクシデントの際にも非常に有効なので、最優先で練習することをおすすめする。

 そして、フルブレーキによってスピンを収めることができたら、落ち着いてスピンした原因について考えてみよう。

画像ギャラリー