新型Zが富士スピードウェイを疾走! 1400台の歴代フェアレディZが集結した圧巻のミーティングに潜入【オールフェアレディZミーティングin富士スピードウェイ2022】 (1/2ページ)

新型Zが富士スピードウェイを疾走! 1400台の歴代フェアレディZが集結した圧巻のミーティングに潜入【オールフェアレディZミーティングin富士スピードウェイ2022】

参加台数は1400台オーバー! 2年ぶりのZミーティングが熱すぎた

 2022年5月5日(金・祝)、富士スピードウェイで「ADVANオールフェアレディZミーティングin富士スピードウェイ2022」が開催された。同イベントは、日本全国各地はもちろん海外からもファンが集まり、1400台を超える歴代Zが集結。天候にも恵まれ、会場のP7駐車場はオーナーたちの熱気に包まれ、熱い1日となった。

フェアレディZに縁のあるゲストによる
トークショーにファンは歓喜!

 朝6時にゲートオープンすると世代を超えたフェアレディZがと続々と入場を開始。開会式は9時となっており、いささか早過ぎるようにも感じるが、そこはオーナーイベントのお決まり! P7駐車場は朝早くからオフ会の様相を呈していた。お互いの愛車を眺めながらカスタムポイントやメンテナンスに関する情報交換に勤しんでいる間に、アッという間に時計の針は9時を指し、開会式がスタート。新型コロナウイルスの影響で2020年、2021年のイベント実施は見送られたこともあり、2年ぶりの開催を多くのオーナーたちが歓びながら開幕した。

【関連記事】ダイハツ「コペンGR SPORT」はカスタムしても楽しい? 気になるポイントをチェックしてみました【AMWリレーインプレ】

オールフェアレディZミーティングのトークショー画像はこちら

 メインステージでは『Zの柳田』の異名をとる柳田春人さんをはじめ、ご子息でGTドライバーの柳田真孝さんが登壇した。さらに、『黒い稲妻』と呼ばれた桑島正美さんなどの伝説のレーサーや、新型フェアレディZの開発統括責任者の田村宏志さん、工業デザイナーで多くの日産車のデザインを手掛けた中村史郎さん、Z32のチーフデザイナーを務めた山下敏男さんといった大物ゲストとして招いたトークショーも開催。イベントの終盤には参加したオーナー自慢の愛車を表彰する授与式やビンゴ大会も行われ、豪華賞品が各参加者に贈呈された。田村宏志賞を受賞したS30Zオーナー画像はこちら

各ショップのブースではオリジナルパーツの展示&即売会を実施

 また、会場内にはフェアレディZのチューニングやカスタマイズを得意とするショップやパーツメーカーブースが出展され、パーツ展示や即売会が行われた。そしてファンの目を釘付けにしたのは新型フェアレディZの展示だ。残念ながら試乗したり運転席に乗り込んだりすることはできなかったが、それでも間近で実車を見られるというだけあって、一時はクルマの前に行列ができるほど。なお、展示されたブルーの新型Zは当日行われた「レーシングコース体験走行会」の先導車として富士スピードウェイを駆け抜け、ドライバーはもちろん柳田春人さんが務めた。体験走行会を先導する新型フェアレディZ画像はこちら

 この新型フェアレディZの隣には、株式会社PEAKSがレストアしたIMSA 300ZX GTS-1も展示され、コクピットの乗車体験も実施。記念撮影する参加者はみな、貴重な体験に笑顔が溢れていた。また、このマシンのトピックはもうひとつあり、京商から新発売の「1/18レジンモデルSAMURAIシリーズ/日産 IMSA 300ZX GTS-1 #75」を披露。富士スピードウェイの地で実車と1/18スケールモデルのコラボレーションが実現したIMSA 300ZX GTS-1と京商のミニチュアカーのコラボ画像はこちら