愛車のために整備士資格を取得! 子育ての次はクルマを育ててる! フェアレディZが好きすぎる女性オーナー3人の偏愛っぷり (1/2ページ)

愛車のために整備士資格を取得! 子育ての次はクルマを育ててる! フェアレディZが好きすぎる女性オーナー3人の偏愛っぷり

三者三様でフェアレディZを愛する
Z女子の愛車&カーライフを拝見!!

 2022年5月5日(金・祝)、富士スピードウェイで「ADVANオールフェアレディZミーティングin富士スピードウェイ2022」が開催された。全国各地はもちろん海外からもZファンが多数集まった同イベントで見つけた、Z愛に溢れた女性オーナーとその愛車を紹介しよう。

愛が溢れすぎて整備士資格まで取得したZ32女子

オーナー:いづみサン[Z32型バージョンS]

 19歳でZ32を購入し、すでにこの個体が3台目といういづみさん。Z32を維持するために整備士資格まで取得したほどで、その愛は相当なものだ。過去にはツインターボやTバールーフを所有していたそうだが、現在所有しているのはノーマルルーフの2シーター(5速MT仕様のNAエンジン搭載)のバージョンSで、探しに探した個体だったという。

【関連記事】日産の危機は「フェアレディZ」が救う!? バブル崩壊後のブランド復活のきっかけとなった「Z33」の功績をたどります

Z女子のZ32型フェアレディZのフロントスタイル画像はこちら

 このバージョンSにこだわった理由はできるだけ長く乗り続けたいからで、トラブルの可能性が高い個体を避けたかったからだそう。具体的な内容としては熱量の多いツインターボや雨漏りの心配があるTバールーフ(ノーマルルーフは2シーターにのみ設定)、システム的なトラブルに不安があるATを避けた結果の選択。Z32型フェアレディZのノーマルルーフ画像はこちら

 それまではホイールベースが120mm長い2by2に乗ってきたこともあり、最初はピーキーな2シーターの挙動に戸惑ったこともあったという。ポリシーはキレイに乗ることに徹していて、カスタマイズしているポイントも、サスペンションをオーリンズに変更してホイールを替えている程度。これからも、できるだけ長くキレイに乗っていきたいそうだ。

仕様違いを2台所有するZ33女子

オーナー:momokaサン[Z33型]

 momokaさんはZ33が好きすぎて、2台所有してしまったという行動力ある女性オーナーだ。最初に手に入れたZ33は通常搭載されている3.5LのVQ35から、2.5LのVQ25に載せ換えられている。いわばデチューンとなる訳だが、誰もやらない仕様を目指したのが最大の理由だそうだ。Z33女子の2台Z33フェアレディZ画像はこちら

 またパープルが好きという本人の好みから、ホワイトとパープルで内外装をまとめ上げているのが特徴的だ。もう1台のオレンジのZ33は、イメージの違うカスタマイズをしようと思い購入したそうだ。当初はサーキット用にしようかと思っていたそうだが、オールペン後で比較的キレイな個体であったことから、サーキットを走る踏ん切りがまだついていないという。1台の車種が好きでたまらない人のなかには、同じ車種で違う仕様のカスタマイズを楽しみたいという気持ちに、共感するという声もあるのではないだろうか?VQ25に載せ替えたZ33のエンジンルーム画像はこちら