まさか純正装着されるとはオドロキ! 当時のクルマ好きを賑わせた社外パーツブランド4つ (2/2ページ)

スポーツカー以外にも採用された「レカロ」

 人間工学に基づき、高品質なシートを作り続けているシートメーカーレカロ。こちらもドイツ発祥のブランドであり、クルマ好きにとっては憧れのアイテムのひとつです。こちらも1980年代中頃から日本車で装着するモデルが登場し、1990年代になると国産スポーツカーがこぞって採用していきました。このレカロシートを他車種に流用するというチューニングも行われていたほどです。

 また、面白いのがオデッセイやビックホーンなど、スポーツタイプ以外の車種にも採用されたことがあるということ。このことからもレカロが単なるスポーツシートではなく、人間工学に基づいた設計により疲労を軽減することを示しているのが分かります。

【関連記事】913万円の「コンプリートエンジン」も受注絶えず! いまチューニングメーカーで組んだエンジンが引っ張りだこの理由とは

オデッセイのレカロ画像はこちら